このページでは2018年7月30日発売、週間少年ジャンプ連載中のドクターストーン第68話「革命の火」の感想、反応、考察をまとめています。
画バレ(画像バレ)、早売りバレなどの掲載はありません。
コミック派の方はネタバレ注意です。

漫画は公式提供のものを楽しみましょう




ドクターストーン 公式ツイッター

ドクターストーン 第68話「革命の火」 ネタバレ感想 考察 反応まとめ

824:ドクターストーン
羽京ちゃん仲間フラグ?

829:ドクターストーン
羽京くんいい人そうに見えて本当にいい人かもしれない

830:ドクターストーン
右京も科学はある程度は必要と思ってるんでしょうな
司の言い分も理解できるが…みたいな
ゲンみたいな考えに人多そうな感じ

832:ドクターストーン
羽京くん現代で潜水艦で働いてたくらいだし海の中好きだったりするのかもな

847:ドクターストーン
>>832
ゲンと同じコースだ
「カレーを一皿…それと潜水艦、造れるか千空?」

850:ドクターストーン
>>847
潜水艦でも金曜日はカレーなのかな。

842:ドクターストーン
羽京が車(乗り物)オタクとかだったら即効仲間になるなw

834:ドクターストーン
また裏切られてるのかよw

835:ドクターストーン
いまんとこ氷月意外裏切られまくりでウケる

836:ドクターストーン
司思想に賛同する現代人の若者がどれだけいるかと考えればそりゃあな…
原始生活スタートで当時の科学を望むべくもなくバケモンの司が側にいたら従うのも道理だし、何かきっかけがあれば裏切るのも道理だわ

837:ドクターストーン
だって司ちゃんの
ぼくがおおさまなんだ!!の世界になんの魅力もないしなww

843:ドクターストーン
どっちの陣営も知ってて司につく変わりもんとかおらんやろな

844:ドクターストーン
氷月ですら今の環境じゃ全人類は支えられないから間引きは必要って考えであって
司の思想を両手で賛同してるわけじゃないしな…

831:ドクターストーン
思ったより早く司編 終わりそうだな

857:ドクターストーン
大木を片手で投げるとか司人間離れしすぎやろ
そして右京君顔悪いなw

863:ドクターストーン
丸太装備の司に勝てる気がしないわ

826:ドクターストーン
クロム洗脳されたらどうしようって思ってたけど余計な心配だったな
車は蒸気機関なのか

827:ドクターストーン
クロムよく勧誘ことわったな
よくやった

848:ドクターストーン
科学者と名乗ったのは意図的なものだったのか
逆に科学の宣伝しようとするとはすげえwww
クロム、お前を見くびっていたぜ……

856:ドクターストーン
罠かもな~わざと嘘をつかせクロムに信用させ情報を吐かせる手

860:ドクターストーン
>>856
俺も思った
まー何とでも想像できちゃうわなw

854:ドクターストーン
しかし思ってた以上にショボい車だったわ

855:ドクターストーン
だんだん進化していくだろう
メタ的にレベルアップの余地あればネタに困らないし
鉄腕DASHのDASH島のトロッコも反射炉建てて工業力上げていけばいつか蒸気機関車に──みたいな夢を語っていたの思い出した

858:ドクターストーン
蒸気機関は千空ナンバーついてるから間違いなく改良されていくんだろうね

859:ドクターストーン
耐久性はどうなんやろな
あの車輪じゃボロボロになりそう

861:ドクターストーン
>>859
耐久性は心配だけどアメリカの西部開拓なんかは木の車輪で旅していたわけだからねぇ。
ゴムタイヤより寿命は短いだろうけど壊れても材料は木だし修理加工がし易い利点はあるよね。

862:ドクターストーン
しかしまぁあの環境だと出向いた先で故障とかしたら直すのキツそう

872:ドクターストーン
弓のニーサンの思惑は知らんがここまで見る限り司帝国なんかモロ過ぎへんか
崩壊に乗じて出てくる第三勢力だして、そいつらとやりあうためとか言って合流路線しそう

871:ドクターストーン
実際あれでどのくらいの馬力と速度が出るんだろ

875:ドクターストーン
>>871
そういえばあの世界に牛馬が出てこないね
優しさと思うことにしよう

876:ドクターストーン
馬はいてもおかしくないかなぁと思うけど牛はどうなんだろう
家畜化された牛って大自然の中生き残れるのかな
負けそう

877:ドクターストーン
闘牛用の牛なら生き残れるかも

878:ドクターストーン
山の高原にいる牛なら敵が少なそう

880:ドクターストーン
野生の牛はかつては世界中で繁栄していてそれを滅ぼしたのは人間の狩猟だし
人間いなけりゃ案外生きていけそう

掲載画像の引用について
当サイトで掲載しているアニメ・漫画の画像は著作権法第32条・第48条で規定された引用の要件(引用の必然性があること。括弧などによって引用箇所を明確にすること。出典や著者の明示を行うこと。引用箇所とそれ以外に主従関係があること)を満たして掲載しております。
記事に問題がある場合、お手数ですが担当者様が下記のリンク先からお問い合わせ宜しくお願い致します。早急に記事削除等の対応を致します。
お問い合わせフォームへ