寄宿学校のジュリエット ネタバレ最新話111話 ペルシアパパ・ターキッシュの過去判明!蓮季がずば抜けて有能すぎる

2019年7月3日発売号週間少年マガジン掲載の『寄宿学校のジュリエット』最新話第111話【ジュリエットとラグドール】のネタバレ、感想、考察まとめです。週刊少年マガジンのネタバレ。
画バレ(画像バレ)、早売りバレなどの掲載はありません。コミック派の方はネタバレ注意です。

掲載画像の引用について
当サイトで掲載しているアニメ・漫画の画像は著作権法第32条・第48条で規定された引用の要件(引用の必然性があること。括弧などによって引用箇所を明確にすること。出典や著者の明示を行うこと。引用箇所とそれ以外に主従関係があること)を満たして掲載しております。
記事に問題がある場合、お手数ですが担当者様が下記のリンク先からお問い合わせ宜しくお願い致します。早急に記事削除等の対応を致します。
お問い合わせフォームへ

寄宿学校のジュリエット ネタバレあらすじ 最新話111話「ジュリエットとラグドール」

煽り ペルシアにダリア学園退学のピンチ!!父によって実家へ連行されてしまう!!

ペルシアパパにより自宅に連れ戻されてしまったペルシア。

ペルシアは転校先が決まるまで自室で謹慎するように言いつけられる。

納得できないと言うペルシア。

ペルシアは学園入学前にダリア学園に入り力をつけ貴族制度を変えたいという意気込みをパパに宣言していた。

しかし実際は東和民にうつつを抜かし友好ごっこをしているだけだとパパ。

体育祭での混合チーム、修学旅行でウェスト国内ではダリア学園に反対する団体が各地で生まれているらしい。

今のペルシアの行動はウェスト人を敵に回しているだけだと言い切るパパ。

「くだらない理想はいつか身を滅ぼす。もっと賢く生きるんだな」

そう言うパパに「本当に…そう思いますか!?」とペルシア。

東和民と恋に落ちたことを本当にくだらないと思いますかと訊くペルシア。

「それが最もくだらんな」と返すパパ。

ペルシア宅にどうやって侵入しようか相談している犬塚たち。

シャル姫は社交界デビューのため不在。

ペルシアを連れ去られてしまったが犬塚は冷静。

それは心強い仲間達ができたから。


心配したペルシアママがやってくる。

ペルシアママと話すペルシア。

学生時代のペルシアパパは黒犬の女子生徒と相思相愛だったらしい。

ペルシアはパパについて色々と調べていた。

それでペルシアはパパに分かってもらえると思っていた。

ペルシアパパは黒犬の女子生徒と恋仲になったためにペルシア家を追い出されてしまったと話すペルシアママ。

ペルシアパパはかなりの苦労を経てペルシア家に戻ることができた。

ペルシアママはパパが東和民と恋愛したことについて後悔でしかないと思い込んでいる。

しかしパパの気持ちはそんな単純なものではないらしい。

ママの話を聞いたペルシアは尚更後に引けないと決意。

ペルシアの反抗に「うちの娘に限って反抗期なんてないと思ってたのに」とママはショックを受ける。

(ママと並んで歩くの恥ずかしいとか言われたら…死!!!)

ガクブルするペルシアママ。

悪いのは黒犬と恋に落ちたお父様ではなくそれを認めない世界だと言うペルシア。

「たとえお父様と同じ道を辿る事になろうと私は今 自分に後悔しない生き方をしたい!!」

ペルシアの覚悟を知るラグドール。


ペルシアの話を聞き「東和民と手を取り合って暮らす未来そんな事が本当に…」とペルシアママに心境の変化が。

蓮季とデートしたことを思い浮かべている。

そこへ様々な変装をした犬塚達が尋ねて来る。

犬塚はピザの配達員。

しかしシェフを雇っているためピザの宅配など頼むはずもなく門前払い。

ハウスメイドに変装した蓮季、玲音、ソマリ達がやってくる。

蓮季と玲音は金髪のウィッグを被っている。

雇って欲しいのー!!と門番に迫るソマリ。

門番は帰れ!と言いながらも赤面している。

ペルシアママは学園の娘の仲間達が来てるくれたのだと察して門を開け客人と招き入れる。

(ジュリエット…あなたの言葉を信じてあげるわ)

煽り 娘の覚悟が母の心を動かす!!