七つの大罪344·345話「未来へ」のネタバレあらすじ、画像バレなし!マジで次が最終回か!?

掲載画像の引用について
当サイトで掲載しているアニメ・漫画の画像は著作権法第32条・第48条で規定された引用の要件(引用の必然性があること。括弧などによって引用箇所を明確にすること。出典や著者の明示を行うこと。引用箇所とそれ以外に主従関係があること)を満たして掲載しております。
記事に問題がある場合、お手数ですが担当者様が下記のリンク先からお問い合わせ宜しくお願い致します。早急に記事削除等の対応を致します。
お問い合わせフォームへ

2020年3月11日発売号週刊少年マガジン連載中の『七つの大罪』最新話第344話「未来へ」のネタバレあらすじです。

キャスを倒した大罪達はそれぞれの場所へ帰っていく。

キングとディアンヌは妖精王の森へ。

結婚式はすぐに挙げるらしい。

バンとエレインはエール飲み比べの旅へ。

ゴウセルは自分探しの旅へ。

再会を誓って別れる一同。

ホークは煉獄に兄の墓を作りに行く。

走り出すホークだが途中で煉獄の行き方を知らないことに気付く。

メリオダスは王にエリザベスと結婚し国王を継ぐことを報告する。

王は戴冠式の日取りについて決めようとする。

しかしメリオダスは性に合わないと返す。

エリザベスとブリタニアを巡る予定はあるらしい。

王「馬鹿者!!そんな旅に出る暇が国王にあるわけなかろう!!!」

メリオダス「じゃ やめるわ国王になんの」

国王を騙すとは大罪人めとメリオダスの胸ぐらを掴んでブンブンする王。

旅から帰ってきたらちゃんと国王になるからと言うメリオダス。

王は早く孫の顔が見たかっただけだった。

煉獄への行き方をマーリンから聞こうと名前を叫ぶホーク。

するとホークが一瞬で消えどこかへ飛ばされる。

ホークが飛ばされたのは煉獄だった。

過酷な煉獄の地をフラフラ歩くホーク。

そして死んだはずのワイルドと再会をはたすホーク。

号泣する二人。

ワイルドは魔神王との戦いで体はボロボロ。

しかし丈夫なためあと100万年は生きられるというオチ。

煽り『煉獄基準、トンでもない』

継がれゆくものへ続く。

七つの大罪344話のネタバレ感想まとめ!