2020年7月29日発売号週刊少年マガジン掲載の『ダイヤのエース act2』最新話第221話『違和感』のネタバレあらすじをまとめました。

川上の救世主、まさかの降谷と丹波だった

掲載画像の引用について
当サイトで掲載しているアニメ・漫画の画像は著作権法第32条・第48条で規定された引用の要件(引用の必然性があること。括弧などによって引用箇所を明確にすること。出典や著者の明示を行うこと。引用箇所とそれ以外に主従関係があること)を満たして掲載しております。
記事に問題がある場合、お手数ですが担当者様が下記のリンク先からお問い合わせ宜しくお願い致します。早急に記事削除等の対応を致します。
お問い合わせフォームへ

青道の練習日。

打席に立つボス。

マウンドには沢村。

沢村はボスのプレッシャーを受ける。

ボス相手に投球練習を繰り返す沢村。

そして沢村は新球を試す。

沢村の新しい球種に驚く一同。

川上と降谷。

二人は丹波と会話しながらブルペンへ向かっている。

降谷は川上が昨日からずっと右腕を気にしていることに気付いている。

それについて直接本人にどうしたのかと聞く降谷。

川上は創聖との試合の日から右腕に違和感を感じていた。

その違和感というのは腕が重く感じるというもの。

しかし痛みがあるわけではない。

今日投げて違和感がなければ大丈夫だと降谷に言う川上。

が、丹波は川上の言い分から何かに気付いた。

腕を診てもらうようフォローする丹波。

ダイヤのエースact2の公式関連情報まとめ

ダイヤのエースact2コミックス最新刊

ダイヤのエースact2公式サイト

ダイヤのエースact2公式Twitterアカウント