週刊ヤングジャンプ掲載の『かぐや様は告らせたい』最新話、全話のネタバレあらすじ、感想をまとめました。

※早売り情報の掲載はありません。

目次
掲載画像の引用について
当サイトで掲載しているアニメ・漫画の画像は著作権法第32条・第48条で規定された引用の要件(引用の必然性があること。括弧などによって引用箇所を明確にすること。出典や著者の明示を行うこと。引用箇所とそれ以外に主従関係があること)を満たして掲載しております。

かぐや様は告らせたい 227話『白銀御行は入れたくない』ネタバレ あらすじ「かぐや様、もはやただの痴女」

会長と早坂

早坂は修学旅行後本来の自分でいようと努力していた

しかし結局敬語で話す方が楽だということに気づいた


会長の視力がかなり悪いことが発覚

早坂にワンデイのコンタクトをもらい試してみることに

しかしビビッて中々入れられない


かぐやが眼球舐めフェチだったらどうするの?と煽る早坂

会長の目を冗談と言いながらも舐めようとまでする早坂


毎度の事ながら絡む二人を目撃してしまうかぐや様

「むっつり、眼球舐めフェチ」と面倒ごとを振りまいて去って行く早坂


かぐやは会長の眼球を舐めようとヤバイ目つきに

ガチで眼球舐めプレイをしたのか会長のコンタクトビビりも解消された模様

かぐや様は告らせたい 227話『白銀御行は入れたくない』感想まとめ

197:
はーさかの所為でまたかぐや性癖拗らせとるやん…
196:
てか 以前あった占い回のかぐや様がどんどん夜の技を吸収していくフラグ全部回収してくんかね
かぐや様の心の奥底の性癖フラグ結構あったよな
205:
「プレイ」という単語に対して、気持ちいいんですかそれ?
と答えるエ〇チなかぐや
194:
眼球舐めは結膜炎になったりするしやめたほうがいい
したいときは眼球舐め用の保護シートかってからに
200:
212話で「白銀御幸の戦い編 開幕」と煽ってから、
全く戦ってない。
201:
>>200 SEXしたろ
202:
白銀御行の戦い編(vs彼女とイチャイチャしたい時に邪魔してくる妹)
218:
舌出し早坂可愛かった
198:
早坂の口調がタメ口と敬語で安定しないのと、かぐやが咄嗟の場面で早坂呼びに戻るのがおもろい
199:
自分探し中だから………
こういうときみゆき父みたいな人にハマりそう
219:
早坂性欲あふれだしとるんや
229:
早坂と藤原可能性はもう無いの?
230:
>>229 そっち期待したいよな
231:
>>229 藤原は帝とフラグ立ったから
224:
帝は会長の恋のライバルとしてかぐやを取り合うんだろ?
やぶれて早坂?
あまりに残りもの臭がすごい
翼、マキ、渚の3角、
会長、帝、かぐやの3角で争い
負けたもの同士がくっつく方が自然
そうすると考えられるのは
マキ会長か渚会長、渚帝、
あるいは予想外のマキ帝だな
225:
>>224 早坂は年収少ないけど誠実な男が良いと言ってたから帝はないだろ
金は自分で稼ぐとも言ってるし
221:
早坂は帝とむすばれるんやろどうせ
222:
>>221 石上と同じて作中に特定の誰かと結ばれる事はないだろ
将来モブの誰かと結婚して幸せですENDだよ
223:
石上はミコちゃんと結婚

かぐや様は告らせたい 226話『かぐや様は泊まりたい』ネタバレ あらすじ「かぐや様、性欲メス猿と化す」

食材の買い物を終えスーパーから出てくる圭ちゃん

しかし白銀父から今日飲み会だと連絡が入りご機嫌斜め

そこへ会長とかぐや様

圭ちゃんはかぐや様をお泊まりに誘う

既にかぐや様が泊まったことがあることを知らない圭ちゃんは元気よくマンションを紹介する

しかしかぐや様が普通にエレベーターのボタンを押すのを見て固まる圭ちゃん

トイレの場所、兄の部屋の場所も知っているかぐや様を見て気づく

何度かウチに来ていることを

兄とかぐや様が結婚し義妹になることは大歓迎な圭ちゃん

しかし憧れのかぐや様が兄に手籠めにされたことに対しては嫉妬している

かぐや様を兄と近づけないようにガードする圭ちゃん

かぐや様に自分の部屋で寝て欲しい兄妹は口論に

兄をエロガキと呼びスマホに大量のエロサイトがブックマークされていることを暴露する圭ちゃん

かぐや様を部屋に連れていく圭ちゃん

しかしかぐや様はアメリカに行く会長とは一秒でも長く一緒にいたいと言う

その気持ちは圭ちゃんも同じ

布団を話すことを条件に許す圭ちゃん

二人を確認しに行くと案の定ベッドインしていた

かぐや様を無理やり部屋に連れて行く圭ちゃん

かぐや様は告らせたい 225話『藤原千花は付き合いたい』ネタバレ あらすじ「藤原書記にもついに彼氏が!?」

藤原書記も周りの空気にあてられて彼氏を作りたいと言い出す

藤原書記の理想のタイプはとりあえずお金持ち

年収が高い男ほど浮気するものだと物申すかぐや様

自分で企業して真面目な人と一緒になるのが正解だと諭す

しかし早坂からの受け売り

藤原書記の本当のタイプはかぐや様

四宮はやらんぞと会長

一瞬場がラブコメ空間になる

藤原書記は皆が色恋話をしていて疎外感を感じていた

それを正直に話し会長と石上を味方につける

そんな二人が私は大好きだとヒロイン顔になる藤原書記

藤原書記の天然タラシっぷりを目撃し固まるかぐや様とミコちゃん

藤原書記は努力家、優しい、頭がいい人、犬っぽい、兄っぽい人がいいと言う

勘違いしたかぐや様が人のカレシ狙ってる?と殺し屋の目になる

藤原書記は今度はゲーム好きでツッコミくれる人が良いと言い出す

藤原書記を引きずり石上から遠のけるミコちゃん

帝がいいんじゃないか?と会長

帝は信用できないと拒否するかぐや様

藤原さんの相手は私がリストアップしておきますと怖い顔をする

藤原さんを可愛いと言って早坂はどう?と言い

ちゃんとした席までセッティングしようとするかぐや様

かぐや様の圧に恐怖し独り身を宣言する藤原書記

かぐや様は告らせたい 224話『四宮かぐやの無理難題 仏の御石の鉢編9』ネタバレ あらすじ「ミコちゃんvs.大仏、ついに決着」

センターカラーは劇場版記念でウルトラロマンティック文化祭編の会長達

石上にミコちゃんと喧嘩したことを告げる大仏

協力できることがあるなら手伝うと言う石上

ミコちゃんと話をする大仏

大仏は石上のことが好きだと正直に打ち明ける

ミコちゃんと大仏が友達になったのはクラスの席が近かったから

お互い周りに友達がいないと思われたくなかったという共通意識から

ミコちゃんは大仏が好き、大仏が嫌がるなら石上を諦めるとキッパリ

しかし実際にはそう簡単に割り切ることはできない

大仏はミコちゃんがわがままなのを十分に理解している

石上を不幸にさせないならいいよと約束する大仏

久々に一緒に下校する二人

ミコちゃんは大仏が前に言ったように学校を卒業すれば友達関係も疎遠になり年に一度会うかどうかの関係になることを受け入れている

しかしミコちゃんにとって大仏が大切な人であることは変わらない

いつか見た笑顔に戻る二人

かぐや様は告らせたい 223話『四宮かぐやの無理難題 仏の御石の鉢編8』ネタバレ あらすじ「ミコちゃんと大仏の直接対決ついにくる」

かぐや様を名前を出さずに大仏の件を会長に相談

この話は根が深く男との恋を選ぶか女との友情を選ぶかという究極の問題をはらんでいる

大仏に交流会の件で呼び出される会長

会長はミコちゃんとの気まずい雰囲気を察しかぐや様の話を理解する

かぐや様はミコちゃんを子供、幼い正義だと説教する

ミコちゃんは石上を支えることができなかったことをずっと悔いてきた

それをかぐや様と大仏が咎めていることにも気付いている

ミコちゃんが成長していたことを喜ぶかぐや様

かぐや様は親友と仲直りも出来ない人を生徒会長には認めないと背中を押す

かぐや様は告らせたい 222話『四宮かぐやの無理難題 仏の御石の鉢編7』ネタバレ あらすじ「大仏の正体、石上好き好き美少女だった」

中学時代の最初は石上とミコちゃんの関係は良好だった

周りと距離を置く石上に疎まれる風紀委員だったミコちゃんはシンパシーを感じていた

ミコちゃんが嫌われながらも風紀委員を続ける理由を聞く石上

皆がルールを守れば皆が楽しくいられる、その為の汚れ役なら受け入れると高い理想を持っているミコちゃん

ミコちゃんを陰ながら応援することを決めた石上

大仏が眼鏡を外さない理由は外見で寄ってきた男は面倒くさいから

大仏は中身を好きになって欲しい、中身を好きになりたいと思っている

石上が陰でミコちゃんを支える姿をずっと見ていた大仏

石上のような人と一緒になりたいと思った大仏

石上がステラの手紙をミコちゃんの机に入れるところを目撃した大仏

それに大喜びするミコちゃんを見てお似合いだと思い身を引いた大仏

石上の暴力騒動で手のひら返ししたミコちゃんに幻滅した大仏

大仏は石上のことを信じてあげなかったミコちゃんに今更何言ってんの?と思っている

しかし自分も石上のために何かをしたわけではない為ミコちゃんを責める筋合いはない

恋愛ではないと言っていたが本心はミコちゃんの立場に自分が居れば絶対に…と恋を引きずっている大仏

かぐや様は告らせたい 222話『大仏ちゃん異常者すぎる』感想まとめ

7:
もうどんだけageても大仏に対しての評価が変わることはないので早くうまいことフェードアウトさせてくれ
8:
ほんとに上っ面じゃん 完全なる嫉妬
9:
典型的なBSSだった
恋にならない好きもあるのですとは何だったんだ
16:
結局横恋慕のしょうもない嫉妬かよ…と思ったけど最後の表情はちょっとキュンと来てしまった
好きなら仕方ないよなあ!?最初から素直になれば良かったのにほんとにめんどくさいね
21:
ミコちゃんだけは嫌とか上っ面の友達とかさんざ責めまくった直後に
「私に責める筋合い無いんですけどね」とか
しれっと言い始めたのにはどうすれば
24:
自分がそのポジションだったらとか言ってるけど石上は相手に分からないように助けてるのだから今のポジションじゃないと石上の良い所は見えなかったんだよなあ
19:
ただのBSSおばさんは実は自他ともに認めるヤンジャン一の美女で
応援団長もおもちゃにできちゃう難題女子
これメンヘラオタ女の脳内設定をそのまま漫画にしたようなもんであって
別にリアルでもなんでもないんよ
27:
好きになって、勝手に身を引いて
相手が相応しく無いと意味不明に嫉妬して拗ねる
うん。大仏の大嫌いなストーカーみたいになれたね
お前に今まで執着してきた変態ストーカー共とお似合いだよ
32:
>>27 申し訳ないがこれだった
大仏は登場人物の中でも一番アレな性格してるわ
34:
大仏がミコと違い石上の復学になんら尽力してるように見えないのでこれはさすがに・・
36:
>>34 なんならミコのその辺の石上のための動き無視してキレてるからなんだこいつ感強い
44:
>>34 ほんとこれ。結果石上が復学したからいいようなものの、傍観してただけのくせに今さら何なんって感じ
73:
>>34 しかも、そのミコの動きもあって会長達が動く結果になったわけだしな
石上の時も、なんならミコの時もこいつは自分で動いたことがない
29:
大仏まじでいい加減にしろや
仮に石上がつばめと付き合っても発狂しただろこれ
56:
ミコは石上に真偽確かめようとしてるのに石上の方から手を振り払ってるからそれ以上はミコにはどうしようもないやん
それで教師には課題出してるから進級させろって訴えたし
あれ以上なにができるねん
30:
大仏クッソ面倒くさい女だけど、まぁ家庭環境やらが相応に悪かったのも描写されてるからこうも拗らせてるのもわからんではないかな
62:
これ、大仏が部長と付き合ったの、石上への援護射撃だよね……。
重いよ大仏……。
11:
本当にミコちゃんは何もしなかったのだろうか?
石上の退学回避のために直談判していたという事実と矛盾している気がする
12:
>>11 その事実を大仏が知らなかったのは考えにくいよなあ
色々大仏が女の嫌なとこを集めたキャラになってて草
これ、どう着地させんのよ
13:
>>11 そのシーンに大仏はいないから知らないだけじゃない
もしかしたらそれが仲直りキーになるかも そしてステラ発覚にも繋がってみたいな
14:
>>13 ミコが直談判したって大仏に話してるシーンあるじゃん
46:
生徒会に石上案件を持ってきて調査が始まったきっかけを作ったのはかぐやなんだが
渦中にミコがいたことまで知ってたかはわからんが結論はある程度見えてたんだろ
(影でフォローはともかく教師や校長に直談判はかなり目立つ行為なはず)
48:
>>46 そのかぐやに案件持ちかけたのがミコの直談判でこの件に興味持った校長な
石上復学の最初のきっかけを作ったのがミコなのよ
49:
>>48 大仏が動いてたらそうはならなかっただろうからこの流れを作ったのは何もしなかった大仏のおかげだぞ
65:
ミコは石上のために直談判した
大仏は文字通り見てるだけだった
それで自分を棚に上げる大仏
47:
行動しないのわけわからん
チャンス見逃してるようにしか見えない
スティール狙えただろこれ
53:
ミコが石上の進級を教師に直訴したの知ってるのに何言ってんだこの大仏
54:
>>53 あそこで大仏の思った通りに即動かなかったミコが悪い
18:
突っ込むのもなんだけど大して美少女じゃないよね
45:
泣きながら反省してるからセーフ

かぐや様は告らせたい 221話『四宮かぐやの無理難題 仏の御石の鉢編6』ネタバレ あらすじ「大仏の正体、とんでもないクソ野郎だった」

ミコちゃんは白銀父との特訓で石上と不知火の話に入っていけるようになった

男は全く信用ならないと生徒会室に怒鳴り込んでくる大仏

男と女は結局浮気するゴミカスとかぐや様に叫ぶ大仏

会長と結婚するのか聞く大仏

四宮家で結婚はゴールではないと返すかぐや様

日本の離婚率は35%、恋愛感情なんていつかなくなると大荒れの大仏

石上の心変わりが納得いかない大仏

かぐや様は大仏の本心を見抜く

石上のことが好きだった大仏はつばめ先輩に自分の気持ちも託していた

好きと言っても恋愛感情ではなく石上に幸せになって欲しいという愛情の方

ミコちゃんと石上が結ばれるのだけは嫌だと言う大仏

ミコちゃんをボロクソ言う大仏

大仏は上っ面の友達でしかないとまで言い放つ

話を聞いていたミコちゃん

悟った顔で大仏の言葉を肯定するミコちゃん

今は友達増えたから無理につるむ必要はない、そういう感じでと言って去って行くヤミコちゃん

大仏はステラの栞を見せられた度に嫉妬していた

そのどす黒い感情に自分でも驚いていた

二人が付き合うのはマジで無理と吐き出す大仏

大仏とミコちゃんの中学時代の過去編へ突入

かぐや様は告らせたい 221話『大仏さん、眼鏡外して美少女へ覚醒!?』感想まとめ

166:
大仏はこれでよくミコが選挙で当選して泣いてたな
175:
先輩くん後輩ちゃんシリーズでミコが生徒会で泣いてたシーンがあるんだけど
ミコはあの時に大仏の本心を知ってしまって泣いたんじゃないかと思うんだよな
あれ以降ミコは大仏の目を見て話さなくなったし
今回のも大仏のあの決定的なひと言を聞いて、メンタルよわよわなミコがあんなにさらっと切り返せるか?というのがある
大仏の本心をとっくに知ってたんじゃねえかな
176:
>>175 なるほどね、今回のその後の反応見てもそうかもしれない
てか結構ここの伏線は丹念に敷いてたんだな
いや、マジでつばめ編さえなければな……
174:
これで大仏が外見通りのキャラならうじうじするのも分かるんだが美少女肉食女子なんだよな
イマイチ大仏の考えが分からん、過去編で明らかになるのかもしれないけど
177:
>>174 とりあえず大仏の両親は離婚したんだろうな
それがトラウマになってるし、仮に石上とくっついても添い遂げる自信がないということかと
で、引いた対応してたらミコにかっさわれてご覧の有り様と
179:
団長をトラウマに追い込んだもんな
180:
あと大仏にはそんなに石上のことが好きだったんなら何で団長と付き合ったのって問題があるんだよな
たまに言われる団長をつばめから引き離して石上をサポートするために団長と付き合った説とかもあるし、もしくは新しい恋で石上を吹っ切ろうとしたのかも知れないが
いずれにしても大仏の心はそこに無かったわけで、団長はかなり可哀想なことになるのは避けられないな
183:
>>180 その両方では
でもどっちにも失敗してて草
何にせよミコよりはるかにたちの悪い地雷女ではある
181:
大仏面倒くせぇマキに悩み打ち明けたら割と解決しそう
182:
マキちゃんにいっても・・・
189:
大仏好きだけどなー
みこに腹を立てる気持ちもわかるし
190:
現役アイドル様と2人の世界入ってるとこに無理やり殴りこんでいってるし最近のミコちゃんは大分気合入ってるよ
191:
ゲーム覚えたのは確かにころもが出てきたからだけど、その前からアタックしとったわけだしな
192:
石上が嫉妬した、と思ったのが自信に繋がったのかもしれんな
石上よりむしろころものほうに積極的に話しかけてるあたり
「石上とお話したいんじゃありません。APEXの話がしたいんです」アピールが透けて見える
193:
今までのウエメセ大仏は正直かなり苦手で不快なキャラだったけど今回でだいぶ好きになったな
それっぽい客観的な理屈をよく分からん立場で並べ立ててるよりも醜くても年相応の感情垂れ流してくれた方が見てて気持ちいい
このまま思い切りミコちゃんとぶつかりあってくれ
194:
今回言いたいことは分かるし1人くらいミコ贔屓の流れは嫌だというキャラがいるのはいいと思うけど
美少女設定やセンキュのせいで説得力がない
195:
石つば推しとかそんな意味不明な理由より大分良かったわ
団長と付き合ったのは石上はつばめ先輩に任せて吹っ切るためじゃね。付き合ったものの結局無理で速攻別れた訳だし
198:
>>195 そんな理由で付き合ったならわりと糞じゃん
団長は本気だったのに
199:
クリスマスに石上追い詰めたことのバチが当たったと思えばまぁ…
そもそも伊井野って美少女ってことを除けばただのメンヘラだしな
200:
これ自分はステラ=石上と気づいちゃった時点でミコちゃのために諦めたのに=お前もあきらめて恋より友情とれよってところに行き着くんだと思うけど
大仏はそもそもステラ=石上とミコちゃに教えてないし、負け戦だと悟った(実際は勘違い)から静かに撤退しただけで、ミコちゃんのために自分を殺したことなんか一度もないんだよな
207:
大仏はしゃーない
母親の不倫で家族も芸能も全部無くしたから
恋愛に奥手だし母親と同じにはならないって意思が強すぎるんだよね
ぶっちゃけ最初から略奪愛上等で石上取るか
花の栞の場面目撃しなかったら話早かった
205:
まともな二年の子が麗ちゃんしか居ない気がしてきたぞ
206:
小野寺さんもまともになったのは最近で過去編だとゴシップ好きモブという
210:
これから過去を挟んで大仏が変わっていく流れだしまだあわてるような時間じゃない
201:
早坂が髪を切って気持ち切り替えたように大仏が眼鏡外して終わりやろ
221:
大仏は既にイメチェンしかけてるからな
ちょくちょく顔描かれるようになったし
この作者キャラのメインストーリーが終わったら髪型変えたりする傾向があるから、この難題編で眼鏡外して髪ほどくんじゃないかね
214:
難題はこじらせ女子の大仏とミコの関係再構築か
223:
人を見る目が厳しいかぐや様にしては、だいぶ突っ込んで相手してるから、大仏は根っからのクズって訳ではないんだな
196:
雑魚ちゃんって校則違反も最初の一回だけは笑顔で見逃してやるような懐の広さを持ってたのか
直前の大仏の「事ある毎に正しい正しくないって」と大分噛み合わない気がするが

かぐや様は告らせたい 220話『四宮かぐやの無理難題 仏の御石の鉢編5』ネタバレ あらすじ

ミコちゃんが屋上前の階段に座り電話で白銀父に放課後の約束を取り付ける

それを盗み聞きしショックを受ける小野寺

石上がちゃんとしないからと石上を叩く小野寺

小野寺は以前はゴシップネタで盛り上がる普通のJCだった

石上の件の時も石上をストーカー扱いしキモちわると言っていた

ミコちゃんのパパ活を話せば当時の件を繰り返すことになりかねない

しかし石上にミコちゃんの件を相談することに決める

二人は真相を確かめるためミコちゃんを尾行することに

秋葉原でPC関係の買い物、食事をするミコちゃんと白銀父

石上は他人の恋愛に首突っ込むと痛い目を見ると引き下がろうとする

大友と伊井野は同じなのかと問う小野寺

石上が白銀父に変な事したら黙ってねぇからなとイケメンムーブ

しかし顔見知り同士なのですぐに誤解が解ける

ミコちゃんは嫉妬したの?と石上を煽る

無言の石上

石上がミコちゃんへの想いに気付く

ときめくミコちゃん

かぐや様は告らせたい 219話『四宮かぐやの無理難題 仏の御石の鉢編4』ネタバレ あらすじ

センターカラーはスイッチをしている不知火

不知火とゲームの話で盛り上がる石上を見て落ちるミコちゃん

大仏はつばめ先輩がダメだったらかミコちゃんにいく石上を見たくない

失恋に付け入るミコちゃんもどうかと思っている

不知火に関しては恋愛関係を疑うのは野暮だと思っている

ミコちゃんは会長にFPSゲームのレクチャーを頼む

会長は父を紹介する

ミコちゃんは白銀父をパパ呼びする

白銀は64ゴールデンアイからのFPSファーストジェネレーションガチ勢

寝不足になりながらもFPSの特訓するミコちゃん

白銀父は女性がFPSを始める理由は大抵男性の影響だと熟知している

白銀父の導きでミコちゃんはFPSチャンピオンになる

ミコちゃんはハマって徹夜で学校へ

机に突っ伏しているミコちゃんに話しかける小野寺

職業不定のパパが夜遅くまで遊んでくれた

ものすごくイジってきた

優しくリードしてくれた

すっごく気持ちよかった

朝までおねだり

ハマっちゃう

と発言するミコちゃん

ミコちゃんがパパ活している勘違いする小野寺

かぐや様は告らせたい 219話『四宮かぐやの無理難題 仏の御石の鉢編4』感想まとめ

760:
原点回帰かね
シリアスより、初期のおバカなノリのが好きだからありがたい
759:
ミコちゃん完全に恋愛頭脳戦やってた頃のかぐや様のポジションだわ
ゲームの特訓シーンは白銀の特訓回に重ねてるし
かつての雰囲気に近づいてる感がある
762:
実家のような安心感
776:
小野寺が完全に以前の早坂ポジ
779:
>>776 ギャルで吊り目っぽくてツッコミアドバイスポジってのは被ってるな
191:
小野寺は何年ぶりの出番だよ
かなり長い間干されてたな
192:
喋ったのはバレンタインが最後かな
話数にすると1年分ないぐらいだけど休載多いから大分前だな
761:
大仏出てきた瞬間思わずうわって声出たわ
コイツ不快だから出すなよ
763:
大仏メインの難題シリーズなので仕方ない
これからもバンバン出るぞ
なんか大仏って格上(つばめ不知火)とは戦わずにスルーするけど格下(ミコ)に石上を取られるのは我慢ならないって風に見えてしまってな
相手が格上だから仕方ないって自分が戦わない言い訳を探してるように思えてしまう
786:
好きな人の幸せを願ってると言ってた割に失恋後新しく好きな人を見つけるのは許せないっていう
555:
んーセンキュ
767:
パパエンドは割とリアルにありそう
768:
>>767 後輩が母になる日w
770:
>>768 あのぐらい包容力ないと実際あの子と付き合うん無理やもんな
771:
>>770 さすが人気YouTuberやなw
つばめ先輩も思わずインチキグッズを購入するってものよ
540:
白銀父とミコが結ばれたら面白い
777:
ちょろい子が深夜楽しく一緒に遊べる男に惚れる確率て100%ぐらいあるよな
あとギャグ的にオヤジが誰かとくっつく可能性も高そう
778:
>>777 オヤジは一途にまだ嫁さん帰ってくるの待ってるんだから元サヤに戻るのでは?
783:
これ悪い男にでも引っかかったんじゃないかと思い
石上がミコを気にしだして良い雰囲気になっていく展開とかかね

かぐや様は告らせたい 218話『四宮かぐやの無理難題 仏の御石の鉢編3』ネタバレ あらすじ

生徒会室で昭和漫画のような煙モコモコ喧嘩をしている石上とミコちゃん

それを見てやっぱり二人はこうでないとと安心している藤原書記

喧嘩の原因は石上のラインの返信が遅いこと

ミコちゃんは数学の小テストがあるから対策しといた方がいいとラインで教えてあげている

しかし未読スルーの石上

石上は携帯で連絡をするのではなくPCで連絡するタイプ

ネトゲ趣味の石上はコミュニケーションツールとしてディスコード(ボイスチャットツール)を使用している

ミコちゃんにもディスコードを使うよう言う

面倒だからラインでと即答するミコちゃん

藤原書記もディスコード利用者

TG部の先輩が作ったサーバーを使っている

ギガ子先輩の話で藤原書記と盛り上がる石上を見て落ち込むミコちゃん

石上はTG部のサーバーに入る

そこにはプロゲーマー、配信者、Vチューバー、俳優までいる

ギガ子先輩達とゲームをしてめちゃくちゃ幸せそうな石上

翌日ゲームのやりすぎで寝不足な石上

ミコちゃんと話している石上の机の上にいきなり座ってくるころも

ころもは昨日石上がゲームをしていたメンバーだった

ころもはギガ子先輩に誘われてサーバー入りしていた

アイドルと話す石上に嫉妬するクラスメイト

ころもが石上と遊び関係、昨日の夜も遅くまで、上手だった、ヤれて気持ちよ良かったとアンジャッシュ発言連発

強力なライバル出現でさらに曇るミコちゃん

かぐや様は告らせたい 217話『伊井野ミコは慰めたい』ネタバレ あらすじ

石上の回想

大学生になり髪をショートにしたつばめ先輩とカラオケへ行く石上

失恋したことを改めて思い知り苦しむ石上

そんな石上に「つばめ先輩のこと考えてる?苦しい?」と聞くミコちゃん

苦しいと正直に答える石上

どういう所が好きだったのか聞くミコちゃん

見た目も内面も完璧、太陽みたいな人だったと言う石上

今は太陽の無い世界で生きてるみたいだとポエムる

「キモ…」と言いかけるミコちゃん

お詫びと言って石上の頭をよしよしするミコちゃんママ

ミコちゃんに優しくされ無く石上

ミコちゃんの攻めっぷりを目撃し若干引く発起人の藤原書記

ミコちゃんはさらに膝枕までしようとする

ひゃあ!と心の中で悲鳴をあげる藤原書記

石上は言われるがままミコちゃんの膝の上に頭を乗せる

弱った石上に上手く付け入る策士ミコちゃんに恐怖すら感じる藤原書記

ミコちゃんは今の状態を藤原書記に見られるのを心配したフリをする

「二人になれる場所でする?」と石上を連れ出そうとするもうナンパ師のようなミコちゃん

ミコちゃんを電話で呼び出し「そんなの自宅かホテル」と注意する藤原書記

そんなつもりはなかったが興が乗ってしまい口走ってしまったミコちゃん

無自覚なミコちゃんにさらに恐怖する藤原書記

ミコちゃんは苦しめてきた石上が甘えてきてくることに快感を覚えてしまった

ワルイイノと名付ける藤原書記

もう邪魔しないでと言って部屋に戻っていくワルイイノ

藤原書記は変なスイッチを押してしまったことを激しく後悔する

お父さんからの電話だっとしれっと嘘をつくワルイイノ

いつも家に誰も居ないんだと暗い表情になるミコちゃん

石上はミコちゃんによしよし返し

「無理してるの分かってる。辛かっただろ」とイケメンな石上

石上の手を掴み「辛かった」と言うミコちゃん

つばめ先輩と石上を見ているのが辛かったという意味の方が大きい

早く気付いてと言って退室するミコちゃん

石上は変な勘違いをしそうと呟く

かぐや様は告らせたい 216話『四宮かぐやの無理難題 仏の御石の鉢編①』ネタバレ あらすじ

巻頭カラーはバンギャっぽい中二ファッションのミコちゃん

学校の屋上で手作り弁当を会長にあーんしてあげるかぐや様

それを目撃して赤面するミコちゃん

はしたない!と思いながらも羨ましいと思っている

石上がプロテインとサプリメントに頼る食事をしているのを心配するミコちゃん

手作り弁当を作ってあげる妄想をする

それが藤原書記にバレる

藤原書記はミコちゃんが石上を好きなことを知っている

何とか誤魔化すミコちゃんだが藤原書記の執拗なアタックに折れ認める

ミコちゃんは失恋した石上が回復するのを2年は待つつもり

恋愛に綺麗事は必要ないと注意する藤原書記

告白までとはいかずとも異性として意識させるべき

恋愛は良い子ぶらなくて良いんですね?と闇のミコちゃんを引き出す結果に

ミコちゃんはクラスメイトが見ている中で行動に出る

生徒会に後から行くと言う石上に「やだ。一緒に行こ?」と石上の袖をあざとく引っ張る

教室内は察し…な雰囲気に

かぐや様は告らせたい 215話『大林ヒカルは守りたい』ネタバレ あらすじ

学園の屋上で電子たばこを吸う三年A組担任の大林。

赴任してきたばかりの大林はボンボンのガキばかりで嫌気がさしている。

そんな大林の耳に会長たちの話し声が入ってくる。

やったんか!と翼くんと帝に質問攻めされている会長。

それは幼い頃からかぐや様を知っている帝には感慨深い出来事だった。

行為の内容まで聞こうとする二人。


ボンボンでも一般人と変わらないんだなと悟る大林。

廊下を歩く大林の耳に今度はかぐや様達の話し声が入ってくる。

会長と同じようにマキちゃんと柏木神に行為の詳細まで聞かれているかぐや様。

そこへ大林が入ってくる。

そそくさと逃げていくマキちゃんと柏木神。


大林に話を聞かれ弁解しようとするかぐや様。

性行為をしたことを教師に怒られると焦りまくるかぐや様。

しかし大林はかぐや様が話に聞いていたよりずっと明るく友達も多いと考えを改める。

校長に四宮家と四条家の争いから子供達を守ってあげてと頼まれた大林はまずはかぐや様と仲良くなろうとする。


大林は会長との交際について世間話程度に話そうとするがアンジャッシュ発生。

最終的に大林は自分の身体を狙っているのではと冤罪事件にもなりかねない被害妄想をするかぐや様。

会長との関係の黙秘を金銭で何とかしようとするかぐや様。

大人を警戒するかぐや様の気持ちに理解をしめす大林。

大人なんて子供より経験があるだけであまり変わらない。

必要以上に怖がらず上手く使えと諭す大林。


かぐや様の一途な恋心を良いよなと思う大林。

大林にもそのような経験があるが最後まで貫くことができなかった模様。

しかし、そんな大林にボーイミーツガール展開。

町田先生と角でぶつかり赤面する大林。

大林は町田先生に思いを寄せている模様。

まさかの先生恋愛頭脳戦開幕。

次号休載。

かぐや様は告らせたい 215話『大林ヒカルは守りたい』感想まとめ

543:
先生たちの恋愛頭脳戦wwwww
18:
石上でも文句言われてるのに
教師て笑
113:
氷かぐやから何かが狂い始めたわ
今週の教師回だけはありえん
119:
>>113 今週だけじゃなく教師で引き伸ばす気だからな
地獄やで
137:
>>119 さすがに教師だけはガチ興味ないわ
237:
白銀の戦い編はどこいったの
240:
担任編ってなんなん
担任編ってなんなん
242:
なにこれ テコ入れ?
234:
とりあえず最後の女性教師は何か怪しい
ただの勘だけど
235:
今更新キャラ、それも教師の恋愛とか全く興味持てないんだけどこれが本筋に繋がってきたりすんの?
236:
公立高校から私立に校長の命で赴任ってどういうこと?
引き抜きでの転職じゃないのか。
26:
会長とかぐやと石上じゃもう無理やろ
藤原と伊井野で話作れ
41:
>>26 サブに話の中心移すのは悪手中の悪手やろ
それで面白くなった試しがないレベル
48:
>>41 石上が糞だったしな
65:
>>41 かぐやと会長メインはもうやることないやろ
ギャグだけで続くと思えんし
75:
>>65 なら畳むべきやな
28:
会長が海外行くって決まった時はこの漫画もそろそろ終わりかと思ったのに
あれからどんだけ時立つの遅いねん
29:
セ〇クスしてどうすんねん
早坂ともセ〇クスしろ
55:
>>29 支離滅裂で草
120:
>>29 一理ある
52:
だってヒロインが非処女じゃん
79:
>>52 ヒロインは藤原だぞ
144:
>>79 どうせどっかで男作るぞ今のままだと
102:
実は藤原非処女の可能性ない?
103:
>>102 それやったらガチで荒れるから無い
115:
>>102 モンスター童貞の回を見ると可能性は低そう
180:
すげー雑に初体験すませたらそらそうなるよ
189:
>>180 まあ初体験はさっくり済ますタイプやと仄めかしてたしそこはええんちゃう
68:
この失速状態で新作アニメ決定してるのヤバいな
88:
>>68 実写も決定してるしな
93:
>>88 実写は糞映画扱いされてたのに続編できるんか
98:
>>93 金は稼げたからやろな
わざわざ地上波で放送して爆死してたけど
544:
読者「石ミコか帝と早坂か藤原あたりくっつけて引っ張るんだろうなあ」
アカ「新キャラの先生達でいきなり恋愛要素始めて会長卒業まで引っ張るぞ」
読者「」
547:
石ミコは引き延ばせなくなって困るから最終回直前まで現状放置するぞ
どうでもいい新キャラ使って引き延ばすぞ
548:
今さら大して知らんキャラ同士の恋愛頭脳戦見せられても・・
549:
恋愛頭脳戦やるなら既存のキャラでやればいいのに
失敗すると既存キャラにヘイト溜まるからやれないのかな
最近想像の斜め下に話が進んでて着地が心配だわ
551:
見せたいのは頭脳戦じゃなくて教師の人物像だろ
かなりの重要人物になる予定なんじゃないか
556:
今後に関わってくるのは分かるけどこの教師に興味なさすぎて困る
557:
>>556 こいつらが担任として今まで出番あったんならともかく今回いきなり出てきたんだから興味なくて当然だろ
これで盛り上がる奴いるのか
241:
いつもの引きだけ詐欺で先生達の頭脳戦は始まらなさそう
558:
もうかぐや様の原作を赤坂アカじゃなくメンゴにやらせた方がいいかもなw
540:
終わらせないといけない義務感だけで描いてくれてるんだありがたく思えよ

かぐや様は告らせたい 214話『藤原千花は教えたい』ネタバレ あらすじ

もうすぐフランス校との交流会が行われる。

今年はダンスパーティー。

絶望する会長と藤原書記。

フランス校は会長とかぐや様のダンスを楽しみにしていると手紙に書いてきている。


おに教官藤原再登場。

藤原書記に社交ダンスを教えてもらう会長。

今回は以前とは違い一気に踊れるようになる。

会長は元々飲み込みもよく記憶力もいい。

ダンスも歌も既に藤原書記との特訓で人並みには身についていた。


大抵のことは今までの経験を流用することで習得可能。

会長にはもう私の特訓は必要ないんですと藤原書記は言う。

これからの人生で行き詰まった時には今まで頑張った経験を思い出してくださいとエールをおくる藤原書記。


そこへかぐや様がやってきて会長とダンスの練習をする。

二人の踊る姿を見て藤原書記は自分の本心に気付く。

二人が自分のいない世界でも楽しく生きていけるようになるのが寂しかった。

藤原書記は改めて二人の交際を認める。

おに教官のハチマキを捨てる藤原書記。

しかし数週間後に会長のカナヅチ、虫嫌いが発覚。

藤原書記過去最大の苦難が待ち構えていた。

かぐや様は告らせたい 213話『藤原千花は認めない』ネタバレ あらすじ

かぐや様と会長は石上とミコちゃんにも付き合ってることを告白する。

石上はクリスマスの時から気付いていた。

ミコちゃんは文化祭の時に二人はデキていると思っていた。

それどころか二人がまだ付き合っていないと知った時の方が驚いたとミコちゃんは言う。

二人の関係に気付かない人はどうかしてると笑う石上とミコちゃん。

レ目になる藤原書記。


石上とミコちゃんに乗せられイチャイチャするかぐや様と会長。

その光景に耐えられず発狂する藤原書記。

私のかぐやさんが会長に寝取られた、NTR、脳が破壊されたと界隈ネタを突っ込む藤原書記。

正確にはBSSってジャンルですねと詳しいミコちゃん。


前回、二人の関係を祝福したはずの藤原書記だが認めないと暴れだす。

会長と付き合ったらとんでもない地獄が待ってるとまで言い出す藤原書記。

会長と一緒ならどんな苦労も乗り越えられるとかぐや様が言いさらに発狂する藤原書記。

どうすれば認めるのかと問う会長。

今思いつかないからそのうち考えておきますと言って去っていく藤原書記。

かぐや様は告らせたい 212話『四宮かぐやの無理難題「蓬菜の球の技」編』ネタバレ あらすじ

かぐや様は会長と付き合ってることを藤原書記に告白しようとする。

しかし仲間はずれにしていたと思われたくなく躊躇してしまう。

藤原書記はかぐや様との初対面について話す。

中学の時に防音室にこもってピアノの練習をしていた藤原書記にピアノをやめるよう言ったかぐや様。

藤原書記は言われた通りピアノをやめた。

しかしその言葉がなくてもやめるつもりだったらしい。

藤原書記は天才と呼ばれる重圧、

遊ぶ暇もない日々に押しつぶされそうになっていた。

かぐや様は藤原書記が初めての友達だったことを思い出し会長とのことを打ち明ける。


藤原書記は衝撃の事実に腰を抜かす。

さらに男女の関係だということも知り倒れそうになる。

かぐや様は藤原書記以外に特別な人ができたことを裏切りになると思い込んでいた。

かぐや様におめでとうと笑顔で祝福する藤原書記。

かぐや様は告らせたい 211話『かぐや様は話したい』ネタバレ あらすじ

かぐや様とついに神ってしまった会長。

かぐや様が帰ったマンションに帰ってくる圭ちゃん。

テーブルの上に置いてあるピザに気づく圭ちゃん。

自室の机に座りベッドを見て赤面する会長。

かぐや様とのセッを思い出し興奮する会長。

かぐや様に迫られ我慢できずに致した自分の意志の弱さを嘆く会長。

しかしかぐや様は20分以上も好き好き言いながらキスしまくってきた模様。

最低男じゃんといいながらベッドに倒れこむ。

かぐや様の残り香をかぎながら足をバタバタさせる男子すぎる会長。


一方、早坂はかぐや様から卒業したことを告げられ衝撃を受けていた。

コクッと頷くかぐや様。

早坂はかぐや様から枕を借りてそれを顔に当てる。

顔を赤くし足をジタバタさせる早坂。


かぐや様は焦らないでいいと言った会長の紳士さに惚れ好きが100になってしまった。

キッスの魔力は凄く最後は自分から誘惑してる感じになったと暴露するかぐや様。

恥ずかしそうに聞く早坂。

行為そのものの良さは分からなかったが人肌の安心感が凄かったと言うかぐや様。

世界中の人があの行為をして命を繋げてきたことを知り世界の見え方が少し変わったかぐや様。

繋がりを実感したい寂しがり屋が人類の歴史を紡いできたのよとドヤ顔するかぐや様。

早坂もこんなあっさり済ませるとは思っていなかった。

しかしなんとなく雰囲気に流されて後になって考えると愚かだったと思えるくらいが普通高校生カップルって感じがすると満足げなかぐや様。


かぐや様が会長に恋をし少しずつ普通の少女になっていく姿に嬉しさを感じている早坂。

かぐやが口が悪くてちょっと頭の良いだけの普通の女性になっていくのを想像し笑う早坂。

満面の笑みの早坂。


かぐや様は残りの四ヶ月、四宮も周りの目も気にせず目一杯楽しむことを決意した。

それと同時にかぐや様はこれまでずっと蚊帳の外だった藤原書記に会長との交際について話すことにする。

かぐや様は告らせたい 210話『男と女のABC⑥』ネタバレ あらすじ

会長のベッドに背中合わせで一緒に入るかぐや様。

狭くないかと尋ねる会長。

はい、と答えるかぐや様。

会長の顔と肉薄するかぐや様の顔。

眼を閉じるかぐや様。

かぐや様にキスをする会長。

そのまま首筋にもキス。


会長の顔つきが変わる。

会長はかぐや様の胸を触り手を握る。

そして下半身へと手を伸ばす。

我に返り謝る会長。


次の機会にするかと冷静になる会長。

しかし私達にはそんなに時間は多く残っていないと言うかぐや様。

会長はアメリカに行ってもちょくちょく帰ってくるつもり。

毎日ラインなり電話もすると言う会長。


しかしかぐや様は会長がアメリカで好きな人ができてしまうのではないかと心配している。

遠距離恋愛も高校の時の恋愛も長く続かないというのが定説。

男に女を覚えさせない方が浮気はしないのだぞと教える会長。

今日は寝ることにする二人。


しかし会長にキスをするかぐや様。

会長もキスをし返す。

そして朝チュン。

ついに神ってしまった二人。

興奮して寝れないかぐや様の隣で爆睡中尉の会長。

かぐや様の上着はベッドの下に脱ぎ散らかされている。

かぐや様は告らせたい 209話『男と女のABC⑤』 ネタバレ あらすじ

会長の新居に二人きりでお泊まりすることになったかぐや様。

夕食は宅配ピザ。

ラブストーリー映画を二人で鑑賞。

アルバムをキャッキャしながら見るかぐや様。

そこへ電子音が告げるお風呂が沸きましたの一声。

パジャマは圭ちゃんのを用意しようとする会長だが。

攻めるかぐや様。


かぐや様が入浴中の間に父に電話する会長。

帰りが遅くなるのかと確認をする。

白銀父は六本木で配信者達と飲んでいるウェーイ系のため帰りたい。

会長の反応を聞いて察する父。

藤原書記のTwitterを確認し圭ちゃんが本当にお泊まりしていることを確認する会長。


会長はこの後どうするか考える。

お泊まりして彼氏が何もしてこないのを知ったマキちゃんと柏木神がキレるシーンを想像する会長。

相手の欲のことも考えて流れに身を任せればいいという翼くんのアドバイスを思い出す。

一応寝具をファブっておく会長。

一年前に遊ぶ目的で買ったゴムの在庫も確認。

部屋であたふたしている間にかぐや様が風呂からあがる。

自分のシャツを着て髪をおろしているかぐや様に興奮する会長。


会長は風呂の中ではみがきも済ませる。

会長の部屋でセッを覚悟するかぐや様。

急な出来事で会長がスキンを用意していないかもと心配するかぐや様。

しかしかぐや様は早坂からお守りとしてスキンを持たされていた。

あたふたしているかぐや様の元に風呂からあがった会長がやってくる。


変に意識せずいつも通り話すことにする二人。

しかし会話が盛り上がりそういう雰囲気になる気配は一切なし。

眠くなってくるかぐや様。

会長はリビングに布団を敷きかぐや様を案内する。

ピザを食べ映画を観て楽しく話せたから良いんさと満足する会長。


しかし会長の部屋に入ってくるかぐや様。

BからCまで一気に狙いにいくかぐや様。

かぐや様は告らせたい 208話『男と女のABC④』 ネタバレ あらすじ

生徒会室。

石上はつばめ先輩含む応援団メンバーでカラオケに行くため下校。

ミコちゃんは見回り強化月間のため退室。

藤原書記はTG部で宇宙人狼をやるため退室。

会長とかぐや様が二人きりになる。

その状況に赤面して焦るかぐや様。

かぐや様は自分の頬っぺたを叩き気合を入れる。


かぐや様は自分の隣に座るよう会長を誘導する。

かぐや様はダーウィンの進化論から男女が分かれているのは適者生存の結果という部分を引用して会長に言う。

人生の意味、生きる意味、運命などを求めればダーウィンに笑われると言うかぐや様。

会長にとっての人生に意味について聞くかぐや様。

具体的には世界平和を成し遂げている俺。

恥ずかしそうにそう言う会長。

吹き出すかぐや様。


逆にかぐや様に理想の人物について尋ねる会長。

何者にも支配されず全人類が従わざるを得ない存在がかぐや様の理想とするところ。

会長とは真逆だというかぐや様。

しかしそうでもないだろと返す会長。

手を繋いで二人で帰る会長とかぐや様。


四宮家には早坂の代わりに新しいお手伝いが入った。

しかしそれは兄の息がかかった者。

気の休まる暇がないと憂鬱な顔をするかぐや様。

会長はかぐや様を夕飯に誘う。

この日は白銀父が飲み会で朝まで帰らない模様。


白銀家の新居のマンションへ。

玄関にはオートロックがあり前とは大違い。

会長の部屋で二人きりになる。

部屋も兄妹別々とかなりグレードアップしている。

会長は新しいベッドを自慢する。

しかし変な意味が出てしまい焦る会長。

本当はロフトベッドが良かったんだと慌てて話を続ける会長。

しかし白銀父にロフトベッドは梯子を登る手間、音がするからやめとけと言われた。

父の言った真意に気付いていない会長。

しかしかぐや様は行為の際不都合が生じるという意味だとすぐに理解する。

会長の携帯が鳴る。

圭ちゃん、まさかの藤原宅にお泊まり。

かぐや様を気遣う会長。

二人とも経験がないためどうしたいいか分からなくなる。

『男と女にとって最も山場となる恋愛頭脳戦の始まりである』

かぐや様は告らせたい 207話『男と女のABC③』 ネタバレ あらすじ

センターカラーは『よくわかる!男女の性』というタイトルの本を赤面しながら持っているかぐや様。

交際相手との肉体関係についての話を切り出したかぐや様。

男がエロいのは本能だからそういう目で見てくるのは仕方ないと言う早坂。

だからかぐやさんもあまり怖がらないでくださいとアドバイスする柏木神。


翌日、学園。

生徒会室で黒猫の胡麻の助にデレデレになっている会長。

胡麻の助にひっつき虫がついていてそれを取ろうとする。

しかし逃げ回る胡麻の助。

会長の股間にもひっつき虫がついてしまう。

股間のひっつき虫を取ろうとイジイジしている所にかぐや様入室。

股間をまさぐる会長の姿を見てあわわ…となるかぐや様。

ひっつき虫を取ろうとしていた事を知り逆に恥ずかしくなってしまうかぐや様。


今度は胡麻の助を抱っこしたかぐや様の胸にひっつき虫が。

指摘しようとするが胡麻の助が追い出されてしまう危険性を感じる会長。

かぐや様に気づかれずにひっつき虫を取る方法を考えながらかぐや様の胸を凝視してしまう。

会長が自分の胸をガン見している事に気付きいらぬ妄想を始めるかぐや様。

会長はタオルを使って弾き飛ばそうとする。

一発で決める為その場で素振りまで始めてしまう。

会長の一振りを華麗に回避するかぐや様。

会長が胸を狙っている事に気付く。

胸をおさえてガードするかぐや様。


今度はかぐや様のお尻にひっつき虫。

そこへ藤原書記と石上が入室してくる。

巨乳な藤原書記に興味がうつるのではと期待するかぐや様。

しかし会長の狙いはかぐや様の一点のみ。

ひっつき虫は石上の股間にもくっつく。

石上の股間をタオルでスパァンする会長。

赤面する石上。

レ目になるかぐや様。

藤原書記がかぐや様の胸のひっつき虫を取ろうとてを伸ばす。

会長の石上のやり取りを勘違いしたかぐや様は藤原書記もそうなのかと大警戒。

しかしひっつき虫を取ろうとしていただけだったとかぐや様の勘違いが解消される。

恥ずかしさのあまり目に涙を浮かべ顔を赤くするかぐや様。

かぐや様は告らせたい 206話『かぐやたちは語りたい』 ネタバレ あらすじ

帝がプール付きの庭でリフティングをしながら誰かに電話をかけている。

そう報告して電話を切る帝。

帝に話しかける謎の女性。

悪い顔の帝。


かぐや様の休日。

早坂、柏木神、マキちゃんと庭でお茶会をしている。

早坂はマキがインドが好きだと聞いてインドの紅茶を用意した。

早坂と柏木神は幼稚園からのエスカレーター組で何度か話した事があったらしい。

早坂が帝の不自然な時期の不自然な転校についてマキちゃんに圧をかける。

余裕の表情のマキちゃん。

今日お茶会に誘われたのはこの事?と察しのいいマキちゃん。

勘繰りすぎよと前置きしつつ四宮の後ろ盾がなくなったのだから首を突っ込まない方がいいと忠告をする。

使用人ではないが友達を守りたいと思うは当然じゃないですか?とマジレス早坂。

くすっと笑うマキちゃん。


早坂の思いを聞いて一つ教えてあげる事にするマキちゃん。

四宮家と四条家の抗争は既に始まっている。

四条家の人間は四宮家に忍び込み重要なポストに就いている。

四宮家もそれを察して怪しい人間の大量解雇などの反撃を行っている。

春が終わる頃には両家の抗争は一般的にも表面化する予定。

帝は政治が上手い。

帝が仲の良い友達の元を離れてまで転校を受け入れたのには必ず裏がある。

それが何かまではさすがのマキちゃんでも分からない。

ずっと黙っているかぐや様に話を振るマキちゃん。


かぐや様がついに口を開く。

時が止まる。

突然何を聞くのよ!と大赤面のマキちゃん。

かぐや様がお茶会を開いた理由はコレを皆に聞きたかったからだった。

マキちゃんはズルい大人を相手取る同盟を組むみたいな話を期待していた。

その話はこの話が終わって時間が余ったらと優先順位がおかしくなっているかぐや様。

必死なかぐや様。


会長の達の会話の内容をマキちゃんと柏木神に話す。

柏木神は翼くんが何を話していたか聞く。

マキちゃんは自分の胸に手を当て絶望する。

帝は垂れ乳が好きという弟の性癖も暴露してマキちゃんに追い打ちをかける早坂。

会長からいきなりそういう目で見られる事に怖さを感じているかぐや様。

柏木神も翼くんの部屋でいきなり押し倒された時は怖さが勝っていたと暴露。

咄嗟に耳を塞ぐマキちゃん。

行為の内容まで話そうとする柏木神を止める早坂。


かぐや様もそういう気持ちがないわけではない。

性欲も含めて人間。

大事なのはそれとどう向き合うか。

男は女よりも強い性欲を抱いている。

それを全否定するのはあんまり。

男も性欲に抗いながら紳士で居続ける戦いを強いられている。

そうかぐや様にアドバイスする柏木神。

しかし聖母のような顔が一変。

耳を塞ぎアーッと壊れたラジオになるマキちゃん。

かぐや様は告らせたい 205話『男と女のABC』 ネタバレ あらすじ

ミドルジャンプを生徒会室で読んでいる石上。

会長に大きいおっぱいと小さいおっぱいどっちが好きですか?と質問する石上。

どっちでもいいと返す会長。

とは言いつつ貧乳はエロスを感じない所にむしろ禁断のエロスを感じると性癖を語り始める。

巨乳は圧倒的視覚情報に男は抗えないと。

石上は巨乳派。

しかしおっぱいをエロの対象としては見ていない。

母性を感じてる。

会長も前まで巨乳派だった。

貧乳派はロリ趣味でマニアックだとナチュラル煽りする石上。


会長は石上に言われ教室でもその事を考えイライラ顔に。

翼くんと帝と共に階段の踊り場に移動する。

翼くんと帝におっぱい二択を迫る会長。

帝は巨乳派。

しかも垂れているおっぱい。

重要なのは可動域だと必死に弁解する帝。

垂れているという事は可動域が広く柔らかいという事だと力説する。


実戦経験のある翼くんは揉み応えについて言及。

さらに下から見た時の揺れ具合、感度についても触れる。

二人とも経験あるんだよね?とナチュラル煽りする翼くん。

ど、童貞じゃねーしムーブの帝。

帝もモンスター童貞だった。


会長は正直に俺は童貞だと打ち明ける。

胸も揉んだ事はないと。

本当の事を言ってくれてありがとうと天使な翼くん。

帝も童貞だと打ち明ける。

御行も四か月だしそろそろじゃない?と言う翼くん。

会長に彼女がいる事を知りショックを受ける帝。

したくないの?と聞く翼くん。

打ち明ける会長だが会話を聞いてしまっていたかぐや様。

赤面するかぐや様。

かぐや様は告らせたい 204話『かぐや様は猫嫌い』 ネタバレ あらすじ

教室で一人頭を抱えている藤原書記。

藤原書記にどうしたの?と話しかける早坂。

藤原書記は大学進学したら一人暮らししようと考えている。

実家からで良いんじゃないの?と言う早坂。

しかし変人の姉と妹と一緒にいたら自分までおかしくなってしまうと大声をあげるおまいう藤原書記。

藤原書記より変人なの…と衝撃を受ける早坂。

家族の事は悪く言っても私の事は悪く言わないでください!と逆前田敦子な藤原書記。


藤原書記の悩みというのは一人暮らししたら犬を飼うか猫を飼うかだった。

犬は散歩などの手間がかかる為 手間がかからない猫を飼おうと思っている。

しかし犬派を自称してきたプライドに関わる!と悩んでいる。

かぐや様と早坂も犬派。

二人とも猫は嫌い。

完全にかぐや様。

そこへ会長。

会長は猫も好き。

二人の意見を聞いてあっさり犬を飼う事に決める藤原書記。


かぐや様が生徒会室に入ると誰もいなかった。

しかし会長の机に黒猫が一匹。

箒を使って追い出そうとするがじゃれられるかぐや様。

しかし雨が降って来て外に追い出す事もできなくなる。

猫はかぐや様の足にスリスリしたり膝の上で寝たりする。

デレ始めるかぐや様。

ミルクをあげ名前もつけてあげる。

名前はエドワード・オブ・ウッドストック。

そこへ石上が入ってくる。

かぐや様が猫好きだと勘違いする石上。

かぐや様が猫を嫌いになった本当の理由は小さい時に早坂が猫にひっかかれたからだった。


石上がおもちゃで猫と遊ぶ。

そうしている内に雨があがり猫は外へ。

現金、もう来ないでと猫に言うかぐや様。

しかし翌日も猫はかぐや様の膝上へ。

まんざらでもないかぐや様。

藤原書記は猫の正体を知っていた。

学園の隣の阿部さんが飼っている胡麻の助。

たまに出没する事で有名な猫だった。

生徒会マスコット獲得。

かぐや様は告らせたい 203話『先輩くんと後輩ちゃん④』 ネタバレ あらすじ

生徒会室で一人悩む会長に話しかけるミコちゃん。

子供である自分に出来る事が少ないと悩んでいる会長。

何でも自分力で解決しようとするのは傲慢な考えだと言うミコちゃん。

ミコちゃん人を頼らないというのは美学ではなく能力不足だと最近思うようになった。

困ったら助け困ってる人を助けるのが一番効率的だと。

それが自然に出来ていたのがつばめ先輩。

会長も最近ミコちゃんと同じ考えに至った。

髪をかき上げるミコちゃん。


そこへファミチキとLチキを買って来た元気一杯の藤原書記が入ってくる。

ミコちゃんはななチキ派らしい。

ニコニコしながらチキンを食べる藤原書記。

会長とミコちゃんのやり取りを目撃していた模様。


ミコちゃんをサークルクラッシャー認定する藤原書記。

大学言ったらオタサーに入るなと言われるミコちゃん。

既に石上にはテニサーと飲みサーには入るなと言われているミコちゃん。

どこに入れば?と尋ねるミコちゃんに男が居ないサークルだと返す藤原書記。


ミコちゃんは会長をイジッていただけだと正直に話す。

二人がそんな仲だったことに驚く藤原書記。

メンヘラっぽい顔をするミコちゃん。

藤原書記は自分と会長どっちが好きか質問する。

藤原先輩ですよと返すミコちゃん。

会長にドヤ顔する藤原書記。

納得した藤原書記だったが会長側のソファに座ったミコちゃんにショックを受ける。

藤原書記が騒いでいるところへ入ってくるかぐや様。


会長達がこっそり仲良くしていたと意味ありげな発言をする藤原書記。

先輩と後輩の関係だと必死にかぐや様を説得する会長。

かぐや様はわかったと言いながら悪魔のような目でミコちゃん凝視する。

悪い虫は藤原さんだけではなくこんな所にも沸いてくるのですね…とかぐや様の独白。

二人の仲を切り裂くような事をしたら腹を切って死にますとまで言い切るミコちゃん。

ちょろいかぐや様。

安堵する会長。

今度は会長に耳打ちするミコちゃん。

ミコちゃんに恐怖を感じる会長。

かぐや様は告らせたい 202話『四条帝は馴染みたい』 ネタバレ あらすじ

会長とかぐや様のクラスに突如として転校してきた帝。

帝は四条グループの跡取りで高校サッカー大会で無名校を優勝に導いたチート男子。

学力も会長に勝る。

家柄、運動、学力、全てにおいて優秀だが転校初日に一般人と同じく緊張している。

しかし帝の心情を知らない会長は絶望の表情。


帝はサッカーが一区切りしたら秀知院に行くと親と約束していた。

3年という微妙な時期に転校してきた帝に話しかける生徒はいない。

姉のマキちゃんもニヤニヤ見えてるだけで助け船を出す気はない模様。

頭を抱える帝。


神童は帝を知っている。

全国大会の直前までインドにたヤバイ奴という噂も立っている。

ぼっちへのカウントダウンが始まった帝は家に遊びに来た事もある柏木に目をつける。

しかし帝は柏木に何か怖いものを感じていて話しかける事はできず。

ならばと小さい時にパーティーで何度か会い話していたかぐや様に狙いを変更する。

気さくに話しかける帝。

しかし姫と呼ばれキレるかぐや様。

そっぽを向かれてしまう帝。

さらにはかぐや様は小さい時の帝の事を覚えてすらいないらしい。


帝の落とした筆入れを拾ってあげる会長。

しかしその手には力がこもり顔は鬼。

転校生に厳しい秀知院に恐怖を感じ始める帝。

ヤンキーのような口調で帝を隣に座らせる会長。


話題は会長が負けた全国模試。

会長は帝を打倒する為 努力を重ねたがそれから帝が全国模試に出てくる事はなかった。

普段は温厚な会長だが人生で唯一憎しみを抱いた男が帝。

会長の拠り所である勉学に対するプライドを傷つけた帝と対峙する場面に周囲の空気は凍り付く。

帝は何回か全国模試一位を取っている会長の事をかなり意識していた。

帝が一位を取れた理由は親との約束でサッカーを続ける為に死ぬ気で勉強したからだった。

その後はズタボロだったらしい。

会長、熱い掌返し。

そして一瞬で打ち解ける。

それを見て嬉しそうなマキちゃん。

マキちゃん曰く会長と帝は似たタイプの人間。

屋上でこの先の事を考える会長。

会長は夏休みに入ったらスタンフォードの外国人向け事前セミナーに合流しなければいけない。

その為 会長が普通の学園生活を送れるのは一学期のみ。

アメリカに行ってしまえばかぐや様を助ける事は無理になる。

考える会長。

『白銀御行の戦い編 開幕』

かぐや様は告らせたい 201話『かぐや様は座りたい』 ネタバレ あらすじ

かぐや様達は新学年へと進級し新学期が始まる。

カラス替えの貼り紙前で念じるかぐや様。

かぐや様は今回、初めて外部進学クラスを選択した。

もちろん会長と同じクラスになる可能性を高めるため。

外部進学クラスは2組、確率は2分の1。

その裏でしれっとミコちゃんと石上が2年A組で一緒のクラスに。

かぐや様は会長と一緒のクラスになる為に何度も神社で祈願してきた。

そこへやってくる早坂。

うだうだしてないで早く見に行ったら?と突っ込む早坂。

早坂は既にクラスを確認済み。

早坂は3年A組でかぐや様と一緒。

それを聞き少しぼっちを回避し安心するかぐや様。

会長がどうなのかは言わない意地悪な早坂。

シャフ度で言う早坂。


結局かぐや様は確認できずに教室へ。

教室に入るとそこには柏木神の姿もあった。

かぐや様とハイタッチする柏木神。

席も隣同士だった。

会長の友達二人と翼くんも一緒のクラス。

さらにマキちゃんも一緒のクラスだった。

柏木神はマキちゃんが外部進学クラスを選択した為 進路表を書き換えたのだという。

さらにエリカの姿も。

かれんは内部進学希望だったが部長と相談しグローバルな視点を身につける為、外部進学を選択した。

言い訳に必死なかれん。


早坂の友達も一緒。

かぐや様は思案する。

四宮が10番、駿河さんが12番で会長がいるのなら11番しかない。

かぐや様は席につき祈る。

扉がガラッと開く。

入ってきたのは全く知らないモブのしんどう。

モブだがしんどうは皆からの人望が厚いリーダーだった。

終わったと涙を流すかぐや様。

しかしかぐや様は考え直す。

そして遅れてやってくる会長と藤原書記。

パァッっとなるかぐや様。

メインキャラ総出の3年A組の裏で不穏な1年B組。

ヒカルは無造作ヘアに顎に薄いヒゲを生やす脱力系男教師。

かぐや様にはこれから多くの助けが必要。

だからあのクラスにしたのだと。

クラスで自己紹介する石上。

クラスの皆が拍手する。

これはつばめ先輩が作ってくれた空気だと改めて感謝する石上。

石上のクラスには麗ちゃんもいる。

2年A組の担任は町田恋鞠。

そして遅れてやってくる不知火ころも。

ハイライトのない目の金髪ボブの美少女。

朝の番組収録が長引き遅刻したらしい。

会長のクラスに転校生。

ついに四条帝来襲。

物語は終盤戦へと突入する。

かぐや様は告らせたい 200話『藤原千花は超超超食べたい』 ネタバレ あらすじ

吐くなら食べるな…

連載200回突破記念巻頭カラーは紅葉紅葉に埋もれるかぐや様。

藤原書記は鬼滅ブームに乗っかり神保町の集英社へ。

しかし社内に入れるわけもなくラーメン屋へ向かう。

向かった先はラーメン五郎。

とんこつ大盛りを注文する藤原書記。

しかし二郎系大盛りラーメンを前にあわあわしてしまう。

若い子を虐めるみたいな量と店主を注意する糸目おばさん。

糸目おばさんは神保町のマシマシママという通り名がある。

ラーメン四天王の一人。

サイコパス顔で店長は言う。

ダイエットだのぼざく若い女を俺のラーメンでデブらせると。

もちろんサイコパス店長もデブ。

サイコパス店長の思想を覆すためマシマシママはマシマシチョモランマは注文する。

マシマシチョモランマは総重量5キロ。

通常のチャレンジラーメンは3キロ前後。

既に100人切りマシマシチョモランマ。


マシマシママは事前に数リットルの水を一気飲みし胃を拡張している。

しかしマシマシチョモランマは水分量の多いもやしとは別に食べづらいキャベツやほうれん草まで仕込まれている。

さらにマシマシママは孫がいる年齢。

マシマシママの謎の回想。

好きだった人とラーメンスタイルの行き違いで別れた悲しい過去持ち。

その顔を思い出し野菜ゾーンを完食。


麺をすすったマシマシママはある事に気付く。

この店の店主は高円寺の蓬莱健のかつての店主だったことに。

その頃は誰でもおいしく食べられるラーメンを作っていた店主。

当時の店主はガリガリだった。

そして店主にも悲しい過去あり。

妹が彼氏のために無理なダイエットをして死亡。

もっと旨いラーメンを作れていればと後悔し今のスタイルになった。

マシマシママは気力でラーメンを完食。

そうしてそこまで大食いを続けると店主に聞かれる。

理由なんて忘れたと返すマシマシママ。

シリアスな雰囲気を醸し出す二人の横で完食している藤原書記。

そんな藤原書記を見て思い出したと言うマシマシママ。

記念撮影する藤原書記とマシマシママ。

それからラーメンを五郎の人気は爆発しラーメン史に名を刻んだ。

藤原書記は写真を撮った後にコンビニのトイレでゲロ祭り。

かぐや様は告らせたい 199話『夢』 ネタバレ あらすじ

やっぱハゲに碌な奴いねーわ

かぐや様から話さなければいけない事があると言われた白銀会長。

その話というのはスタンフォードの出願を取り下げた事だった。

理由を尋ねる会長。

回想。

ハゲ兄貴に呼び出されたかぐや様。

雲鷹との一件で話があると言うハゲ兄貴。

兄様を煩わせるような事は何もありませんと言うかぐや様。

恐い顔をするハゲ兄貴。

早坂家の人間が原因で揉め事があったとなればハゲ兄貴の信用問題になる。

早坂は四宮から離れる意志がある、手出ししないでと頼むとかぐや様。

取り上げる訳じゃない!となにわろてんねんのハゲ兄貴。

ぐぬぬとなるかぐや様。


ハゲ兄貴の話はもう一つあった。

それはかぐや様の進学。

スタンフォードなんか行ったら嫁の貰い手がなくなるとやめさせるハゲ兄貴。

良い相手が見つかっても嫁の方が良い大学出だと困るのはお前だぞ?とゲス顔をするハゲ兄貴。

ハゲ兄貴は女を道具として扱い、世の中を男が回していないと気が済まない昭和の遺物だと心の中で罵るかぐや様。

ハゲ兄貴は早坂の処遇も自由にしていい、

付き合って男にも口出ししないと言う。

かぐや様の人生はハゲ兄貴に握られている。

ハゲ兄貴がいる限りかぐや様に自由はない。

だから戦う事にしたと言うかぐや様。

このまま逃げても力のないかぐや様は四宮に引き戻されてしまう。

四宮に残る為かぐや様はアメリカに行けなくなった。

それを聞いて会長も日本に残るかなと言い出す。

かぐや様は会長の夢を白銀父から聞いていた。

アメリカの一流大学で経営を学び父の会社を取り戻そうとしている夢を。

泣き出すかぐや様。

それを知っていてかぐや様にも優しくしていた白銀父。

かぐや様は告らせたい 198話『白銀家』 ネタバレ あらすじ

ギャグの後のシリアスブッ込み

センターカラーはOVA、TVアニメ3期制作決定カラー。

かぐや様が学園祭の風船を持っているシーン。

ウルトラロマンティックへ向けて…。


白銀家にやってきたかぐや様。

急いで掃除を始める白銀兄妹。

そこへ白銀父帰宅。

一瞬で状況を理解した白銀父はかぐや様を鍋の買い出しに連れ出す。

二人は近所のSEIYU的なスーパーへ。


白銀父はかぐや様にあの張り紙についてどう思うか尋ねる。

えっとその…と濁すかぐや様。

最初の張り紙は『四宮の横に立てる男になる』だった。

そこからそれを実現させる為に張り紙が増えていった。

それを聞いてむず痒くなるかぐや様。

白銀父も若い時に息子と同じようなことをしたらしい。

それを聞いて母親について尋ねるかぐや様。


白銀父は母と大学のゼミで知り合った。

母はかなりモテる子だった為 白銀父は必死に口説き落とした。

しかし母の理想はかなり高いものだった。

社長の妻としての地位。

優秀な子供に囲まれた理想の暮らし。

最初は上手くいっていたが白銀父が会社経営に失敗し生活が一変。

母もバランスを崩してしまった。

白銀父を見限り子供達に過度な期待を寄せた。

圭ちゃんは母の期待に応えられたが白銀会長はそうならなかった。

そしてついに母は圭ちゃんだけを連れ家を出た。

そういう経緯があった為 御行は選ばれなかったという傷を一生引きずるのだろうと白銀父は言う。


夕食。

鍋を囲む会長達。

圭ちゃんはまだ帽子を被ったまま。

白銀父は泊まって行くなら布団敷くけど?とかぐや様に聞く。

衝撃を受ける兄妹。

大丈夫なのか?とかぐや様に聞く会長。

圭ちゃんはかぐや様と一緒にお風呂。

圭ちゃんはシャンプーハットを被って頭を洗うタイプ。

圭ちゃんになぜこの家に戻ってきたのか聞くかぐや様。

逃げて来たのだと答える圭ちゃん。

圭ちゃんはある人に距離を置く事は捨てた事にならないと言って貰い母親と距離を置いた。

やっぱり覚えてないですよねと少し寂しそうな圭ちゃん。


川の字になって寝る会長、かぐや様、圭ちゃん達。

圭ちゃんが寝たの見計らいかぐや様が会長と距離を詰める。

その瞬間、勢い良く開眼する寝たふり圭ちゃん。

優秀じゃなきゃ、優しくしなきゃ人に愛されないと不安ですか?と会長に手を伸ばすかぐや様。

ああと答える会長。

私もそうですと言うかぐや様。

今のような時間は長く続かない、急に誰かに取り上げられてしまうのではないかとかぐや様は不安にかられている。

二人の手が重なる。

それをガン見している圭ちゃん。


かぐや様が会長の布団にダイブ。

このまま寝るなよ?と圭ちゃんを警戒する介著う。

案の定 朝チュン。

二人共くっついて朝まで寝てしまった。

圭ちゃんを確認し安心する会長だったが圭ちゃんギンギン。


かぐや様を見送る白銀家。

圭ちゃんギンギン。

泊まって大丈夫だったのか?と再確認する会長。

不穏なかぐや様。

『大丈夫…真意は!?』

かぐや様は告らせたい 198話『白銀家』感想

843:
圭ちゃんガン見で笑う
845:
当事者達は普通に寝れてるのに圭ちゃんは寝れなくてクマ出来てて草なんだ
663:
あああああ
ああああ
まだなんか不穏なんたけどここからいい方向にいくんだよね!?
664:
いい感じにエモいと思ったのにラストが…
圭ちゃんに助言したのは過去のかぐやで確定か?
668:
加古に圭ちゃんとかぐやが会ってるとすれば、白銀母はやっぱり四宮に関わりのある人で確定かな?
665:
おやじにちょっと笑ったあとはしんみりしてたのに……
カッ
666:

これはあれか四宮家に見捨てられたパターンか

678:
>>666 そんな誰得のクソ重っシリアスいらねぇ・・・
686:
かぐや勘当が現実味を帯びてきたのか
669:
えっ春休み編初日なのに、もしかしてもうシリアス展開突入!?
676:
21巻収録分程度日常ギャグ回やって春休み編終了とか考えてた。
ぜってぇ終わんねぇわ。bbbbbbbbbbbbbbbbb>
687:
そういや元々春になったら早坂のヘルプにもう1人従者来るなんて話もあったけど
流石に早坂さん辞めちゃったから無かった事になったのかな
ラーメン回で一話分使うの確定だし。
866:
受験失敗説なあ
単に実力不足で失敗したなら天才設定どこいったんだよって感じだが
871:
留学は許可される
だけど別の大学に行くことを強制されるとか
885:

まさかもう実家捨てて、家でてたりしないよね?

888:
急にお泊まりして朝帰りでも咎められないなら四宮家を出ている可能性も
887:
実家を捨てて四条家に逃亡中だったりして
889:
>>887 早坂の家かなと思った。
679:
終わる秘密まだ続いてるって事だよなこれ
875:
ツイッタで終盤戦って言ってたぞ
877:
いいタイミングだし3期と一緒に終わらせよとか思っててもおかしくはないわな
しらんけど

かぐや様は告らせたい 197話『白銀圭は迎えたい』 ネタバレ あらすじ

圭ちゃんもこれで上流階級美少女の仲間入りか

超ポジティブ格言が貼られた部屋で勉強している白銀会長。

明日の昼過ぎにかぐや様がこの家に遊びに来る予定。

それまでに張り紙を剥がすつもりの白銀会長。

しかし白銀会長は忙しく寝不足。

引っ越し関係の見積もり等々もまだ終わっていない。

引っ越し業者で悩む白銀会長。

ネットで調べているレンタルトラックなるものを発見。

オプションで運転手もつけてくれるらしい。

値段もお手頃。

迷う暇なくこれい決め爆睡する白銀会長。


昼過ぎの2時まで寝てしまう白銀会長。

圭ちゃんも起きてくるが寝ている兄を放置。

ピンポンが鳴りガチャ。

そこにはかぐや様。

ポカンとする圭ちゃん。

そのまま黙ってドアを閉め 幻か と一言。

私も疲れているのかなとI字バランスで身体をほぐす圭ちゃん。

改めてドアをガチャ。

そこにはやっぱりかぐや様。


圭ちゃんは血相を変えて兄を起こす。

しかし白銀会長は平日の睡眠不足を休日に取り戻すという本能が身に染み着いてしまっている。

ガンとして起きる気配のない白銀会長。

圭ちゃんは急いでゴミと洗濯物を隠す。

服、化粧、寝ぐせを完璧になおす時間はない。

仕方なくワンピースに帽子姿でかぐや様を出迎える圭ちゃん。


かぐや様は高級いちご大福を持って来てくれる。

圭ちゃんが床を見るとエロ袋とじ入りの雑誌が。

すぐに拾い上げ兄の頭にスロー。

圭ちゃんが兄と憧れのかぐや様が交際していることを知ったのはつい先日。

大混乱に陥ったが一つだけはっきりしている事がある。

二人が結婚すれば憧れのかぐや様が姉になるということ。

それを実現させるためポンコツ兄のサポートをする圭ちゃん。

圭ちゃんは兄は少し席を外しているので私がお出迎えしましたと説明する。

兄サゲを回避するため準備が万全でなかった事を自分のせいする圭ちゃん。

頬をつねりながら。


圭ちゃんは二人が交際している事について確認する。

私はお兄さんの彼女ですと赤面しながら答えるかぐや様。

兄を男として好きなのかと猛烈な勢いで迫る圭ちゃん。

恥ずかしがりながら男性として好きだと言うかぐや様。

勉強以外駄目な兄のどこが?と聞く圭ちゃん。

かぐや様は会長はいつも優しい、それだけ十分だと答える。

かぐや様は逆に会長は圭に優しくありませんか?と尋ねる。

圭ちゃんは恥ずかしがりながら私には優しいと答える。


ここで白銀会長覚醒。

部屋から 四宮は! と飛び出してくる。

かぐや様は白銀会長が寝坊していたことをお見通しだった。

かぐや様は部屋の掃除を手伝いますよと禁断の扉を開いてしまう。

そこには大量の張り紙とエロ雑誌、ゴミの山、圭ちゃんの縞パンの地獄絵図。

違うんだ四宮!!これに事情が!と兄妹で必死に弁解をはかろうとする。

しかし 大丈夫…耐えました! としっかり受け入れてしまうかぐや様だった。

次回、白銀家のルーツに迫る!?

かぐや様は告らせたい 196話『白銀御行は重くない』 ネタバレ あらすじ

ミコちゃんと白銀会長めちゃくちゃ相性良いな?

白銀会長が新居に引っ越す前にアパートに行く約束を取り付けるかぐや様。

白銀会長の自宅に行く事が決まりかなり嬉しそう。

二人が生徒会室に入ると引き続きやさぐれモードの石上の姿。

白銀会長に良い女の子紹介して、合コンセッティングしてと絡んでくる。

石上くんは精一杯の強がりをしているだけ、優しく見守りましょうと涙を流す藤原書記。

石上がフリーの状態でつばめ先輩と友達の関係を続けても恋愛対象として意識してしまう。

石上くんに彼女ができれば上手く行くと思いますよと聖母のような顔で言う藤原書記。

藤原書記の意見に賛同するミコちゃん。

私の事は異性として意識しないで下さいねと付け加える藤原書記。


藤原書記はミコちゃんはどうなの?と切り込む。

藤原書記のあまりの思い切りの良さに固まる白銀会長とかぐや様。

一番無いやつでしょそれ とミコちゃんにトドメを刺す石上。

死んだ顔のミコちゃん。


生徒会室で二人きりになる白銀会長とミコちゃん。

ミコちゃんは体育座りして小さくなっている。

つばめ先輩の為に頑張る石上の邪魔をしなかった。

むしろ手伝いまでした。

自分は良い子であろうと頑張ったと話すミコちゃん。

しかし石上が振られた時につい喜んでしまったらしい。

自分に優しくしてくれたつばめ先輩の事もキライに思ってしまっている。

自分が自分で恥ずかしい、死んでしまいたいと白銀会長に告白するミコちゃん。


人間は聖人になんかなれないとフォローする白銀会長。

白銀会長は俺に何か出来る事はないか?と聞く。

私を抱きしめてくださいと大胆なミコちゃん。

こういうのが浮気の始まりだ!と焦る白銀会長。

先輩の慌ててる顔見たら元気出ましたと笑うミコちゃん。

ミコちゃんは人の5倍くらいハグが好きらしい。

特に後ろから抱きつかれるのがいいらしい。

先輩だったらいつでもハグしてきていいですよと誘惑する小悪魔ミコちゃん。

もしお互い変な気を起こしたら一緒に地獄に墜ちましょうと笑顔で言うミコちゃん。

先輩が女性だったらイチャイチャできるのにとあらぁ~なミコちゃん。


白銀会長にメンタルコントロールの方法を聞くミコちゃん。

白銀会長は紙にポジティブワードを書いて壁に貼る方法を教える。

白銀会長は自宅の写真も見せる。

白銀会長にドン引きするミコちゃん。

四宮先輩が見たらドン引きされる、来る前に片付けておいて下さいねとアドバイス。

四宮が来る前に片付けおくとフラグ発言する二人だった。

かぐや様は告らせたい 195話『藤原千花は笑わせたい』 ネタバレ あらすじ

正義マンのミコちゃんキレてる?

卒業式が終わり再び生徒会室に集う生徒会メンバー。

残った仕事を一気に片付けにかかる。

しかし一人様子のおかしい人物が。

8人のぽよぽよ博士なんですわ と魂の抜けた顔で呟いている石上。

石上の顛末を知るかぐや様達は何もツッコまず温かい目で見守る。


仕事が終わったら打ち上げでご飯を食べに行こうと提案する白銀会長。

何が食べたいかメンバーに尋ねる会長。

かぐや様は何でも構いませんと答える。

藤原書記は寿司、ミコちゃんはお好み焼き。

壊れた石上はプリンの唐揚げ。

それすらも温かく受け入れる会長達。


じゃんけんで決めることに。

が、石上のサイコっぷりについに耐えられなくなる藤原書記。

助けて…誰か…と震え始める。

耐えろと会長。

時が解決してくれるはずですとかぐや様。

ボケてんだからツッコんでくださいよーとあっけらかんとする石上。

スベり倒す石上を辛らつに指摘する藤原書記。

ギャグマンガ顔で やっちまったなぁ!? と叫ぶ石上。

さらに時を戻そうと言い傷を深める。


石上はツッコミ担当だったため誰かがボケれば本来の自分を取り戻すのではという話に。

誰か今すぐボケて!と必死な藤原書記。

ふとんが吹っ飛んだ、ストーブがすっ飛ぶとダジャレを言う会長。

火事には気を付けてくだしね とすかす石上。

かぐや様も振られ 二段階…左折! とボケる。

ボケの意味が分からなかった藤原書記。

ボケで滑ってしまい恥ずか死にそうになるかぐや様。

会長がかぐや様のボケを解説しフォローする。


ミコちゃんはなぞかけ。

生徒会とかけてつばめ先輩と解く、その心はどちらもにんきがあるでしょう。

人気と任期をかけている。

つばめ先輩のワードを聞いて大号泣する石上。


藤原書記に振られるが普段ボケとかしてないですし!とキリッ。

しかしそれに対し石上がなんでやねんとツッコむ。

普通にしてるだけで良いんだからさすが藤原と言われ複雑な藤原書記だった。


石上が帰りつばめ先輩の話をする会長、かぐや様、ミコちゃん。

つばめ先輩は凄い人で人望だけでも私には到底真似できないと敗北宣言するかぐや様。

しかしミコちゃんは違った。

結局 石上がタイプじゃないから付き合えないってだけの話でしょと機嫌が悪そうな表情で突くミコちゃん。

自分が傷つかない為に周りを振り回すことは正しいんですか?と問う。

何が正しいか間違っているかは所詮 結果論でしかない。

その質問の答えは解なし。

これから二人がどうするかで決まると答える会長。

笑うにはまだまだ早く。

かぐや様は告らせたい194話『子安つばめと石上優 後編』のネタバレ、あらすじまとめ

ミコちゃんワンチャン

つばめ先輩に改めて告白した石上。

石上のつばめ先輩への熱い独白。

人間が好きだと分かる眼差し、

ついつい目が行ってしまう胸元、

トレードマークのバンダナ、

多くの人を救ってきた手のひら、

大丈夫だよと言ってるみたいな笑顔が好きだと。


石上の告白に少しぐらついたつばめ先輩。

しかしどうしたら優くんを傷つけずに済むかずっと考えてたと言うつばめ先輩。

石上のことを恋愛対象にどうしても見ることはできない。

告白し振られた男達は皆 笑顔で分かったという言うが少しすると疎遠になってしまった。

振られたら自分が否定された気持ちで一杯になる、私にも覚えがあると話すつばめ先輩。


大友ちゃんに会いに行ったことを石上に教えるつばめ先輩。

しかし大友ちゃんの口から出た石上像は全く違ったものだった。

それで大喧嘩になってしまったらしい。

これもきっかけで石上の信用回復につとめたつばめ先輩。

その作戦についても話す。


作戦を実行したのは石上の為ではなく私利私欲。

石上が嫌いで振るのではないと分かって貰うため皆を巻き込んだ。

こんな馬鹿な事しちゃう位 石上を大切だと思っている。

この気持ちが届いて欲しいと涙を流すつばめ先輩。

その上でこのまま友達でいて、距離取ったりしないでとお願いする。


石上はつばめ先輩のお願いを受け入れる。

男女の友情があることを証明してくださいねと石上は言う。

石上はご卒業おめでとうございますと花束を渡す。

つばめ先輩が去った後、涙を堪えていた石上の目から大粒の雫が溢れ出てくる。

初めて失恋を知った石上。

今まで失恋で泣いてる奴馬鹿にしてたけどマジできついじゃんとへたり込む。

かぐや様は告らせたい193話『子安つばめと石上優 前編』のネタバレ・あらすじまとめ

つばめ先輩が勝ちヒロインならミコちゃんは一体…

石上は告白の返事を貰うため桜の木の下で待つつばめ先輩の元へ向かう。

しかしつばめ先輩の気持ちは石上を振ることで固まっている。

今から可愛い後輩を傷つけるんだと冷や汗をかいているつばめ先輩。

石上が応援団に入ってきた時の回想。

小野寺がつばめ先輩に大友の件の石上が入ってくることを伝える。

つばめ先輩も最初は悪い噂のある石上を少し怖がっていた。

しかし副団長として勇気を出し石上に話しかける。


実際に石上と接し石上が噂のような人物ではないことを知ったつばめ先輩。

石上のツッコミはつばめ先輩のツボだったらしい。

つばめ先輩が何度も話しかけ次第に石上の表情も柔らかになっていった。

石上にはじめておはようと言われた時 つばめ先輩は舞い上がるほど嬉しかった。

石上が応援団メンバーとその後も話しているのを見た時も。


つばめ先輩は石上が自分と全く違うタイプの人間だと思っていた。

その為 石上に公開告白された時はかなりびっくりした。

初めてデートした時 つばめ先輩は緊張から口数が減ってしまった。

そんなつばめ先輩を気遣ってからかいながら話を振った石上。

それもありつばめ先輩は普通にデートを楽しんだ。

しかし石上が良い子だと思うと同時に良い後輩だなと思ってしまっていた。


石上が改めてつばめ先輩に告白する。

つばめ先輩はごめんねと返事を返す。

物陰で盗聴していたかぐや様と大仏。

終わったみたいですねと呟くかぐや様。

かぐや様に対し まだです、あがけ石上と大仏。

それを聞いて怒るかぐや様。

惨めに縋り付けって言うの?と。

石上は頑張ってきた、一度や二度あがく権利はあると激怒する大仏。


先輩は石上を見てた、石上はどうなの?と心の中で応援する大仏。

石上がつばめ先輩に迫る。

絶対幸せにする、浮気はしない、つばめ先輩好みの格好良い男になる、一生優しくする、金銭面でも苦労させないと誓う石上。

どうしても自分と付き合えないならこの手を振り払って皆の所へ行ってくださいと手を握る石上。

つばめ先輩大赤面。

つばめ先輩は押しに滅茶苦茶弱かった。

かぐや様は告らせたい192話『秀知院は見送りたい』のネタバレ・あらすじまとめ

明かされるTG部メガ子の衝撃の真実

卒業式当日。

羽目を外した卒業生を取り締まる仕事を先輩から託されるミコちゃん、大仏達。

校門で大仏と見張りをするミコちゃん。

もう先輩達と二度と会う事はないんだろうねと現実的なことを言う大仏。

寂しい事言うねと返すミコちゃん。

大仏はまた会うかもれしないとふんわりお別れを言って二度と会わないよりしっかりさよならした方がちゃんとお礼が言えると。

そっちの方が美しいと。


校長からの祝辞が終わり三年生卒業。

中庭をまわる石上。

そこにはTG部の面々。

メガ子は留年していて藤原書記達の2個上だった。

メガ子はオンラインゲームでプロ相手に無双、進路がプロゲーマーに。

しかも校長が祖父だった。


かれん、エリカも部長と涙のお別れ。

かれんが部長、エリカが副部長になる。

生徒会室では前生徒会長を祝福する白銀等 前生徒会メンバー。

石上も団長と涙の別れ。

石上は学校生活でまさか自分が泣く日が来るとは思いもしていなかった。

涙を拭きつばめ先輩の待つ桜の木の下へ向かう石上。

かぐや様は告らせたい191話『子安つばめは塗り替えたい』のネタバレ・あらすじまとめ

つばめ先輩の策発動でハッピーエンド

卒業式が目前まで迫る。

廊下を歩く石上に生徒達の視線が集まる。

しかしそれは悪意のある視線ではなかった。

男子生徒が石上に話しかけるが やっぱいいわごめ と話しづらい雰囲気。

石上に これが子安すばめの選択 だと言う大仏。


ネット会議の回想。

つばめ先輩は将来 学生生活を振り返りたくない人もいることを知っている。

それを防ぐ為に積極的に孤立している人間に話しかけぼっちをなくそうとしてきた。

そんなつばめ先輩に絶対に迫害はなくならないと言う龍珠桃。

人の気持ちを理解しようとすることは疲れる。

悪者を大勢で正義の石を投げるのは最高のエンタメ。

一度 石を投げた者にとって真実は都合の悪いものになる。


真実なんて必要ないと反論するかぐや様。

荻野は自分の非行を隠すため石上の噂を流布した。

そして荻野は怪しげな斡旋業に手を染めていた。

これを暴露すれば荻野からの報復も大友ちゃんへの風評被害も防ぐことができる。

誤解を解けば大友に被害、噂を残せば石上に被害で八方塞がりだと桃。


この打開策をつばめ先輩に言わせるかぐや様。

嘘を嘘で上書きすればいいと言うつばめ先輩。

荻野がした事を浮気というマイルドなものにする。

それを石上が咎め大友の為に泥を被った形にする。

この噂をネット会議参加者全員で流す。

しかしネット会議参加者から策が漏れる恐れもある。


それに対し噂を鵜呑みにしない賢い子にはわかる。

これが私たち卒業生からのメッセージだと言うつばめ先輩。

その賢さで他人を理解しぼっちに少しの優しさを と聖人っぷりを見せつけるつばめ先輩。

そんなつばめ先輩に 本当はあんたらのお気に入りをどうにかしたいだけだろ と突っ込む桃。

しかし 卒業生への餞だ と言って策に乗る桃。

桃もつばめ先輩に救われていなければ退学していた。

先輩が私にしてくれたことを後輩にもしていく と涙を流して言う桃。

桃にお可愛い事と言うかぐや様。

会長にも見せてあげたいと。


かぐや様は一応 プロパガンダの内容と荻野の浮気証拠画像のリンクを貼る。

この中に荻野を転校に追いやった奴がいるだろと気付く桃。

笑うかぐや様達。


噂が流れた結果が冒頭の石上に繋がる。

噂は大友ちゃんも知る所。

つばめ先輩はおの数か月 石上の事を本当によく見ててくれたと付け加える大仏。

そしてついに卒業式当日の日がやってくる。

かぐや様は告らせたい190話『藤原千花は祝われたい』のネタバレ・あらすじまとめ

つばめ先輩の壮大な計画がついに動き出す

藤原書記と石上のチョコが乗ったバースデーケーキ。

生徒会室で二人の誕生日を祝う白銀会長、かぐや様、ミコちゃん。

石上と誕生日をまとめられたことに発狂する藤原書記。

バースデーケーキも二人のチョコが並んでいるためまるでウェディングケーキのよう。

二人の誕生日は3月3日で同じ。

誕生日プレゼントの予算も半分なんですねと大暴れする藤原書記。

そんなことないですよと返すかぐや様。

藤原書記による誕生日プレゼントチェックが始まる。


白銀会長は藤原書記に赤いマグカップ、石上には青いマグカップ。

不公平がないように色違いのマグカップを用意した会長。

カップルが浮かれて買ったお揃いのマグカップみたいだと怒る藤原書記。

しょんぼりする会長。


続いてミコちゃん。

藤原書記には1万円もするティッシュ。

反応に困る藤原書記。

高価なものならとりあえずハズレはないと思って選んだミコちゃん。

ブランドバッグとかの方がよかったですか?と焦るミコちゃん。

考え方がホストに貢ぐ女のそれだと突っ込む石上。

動揺しながらもティッシュを受け入れる藤原書記。


石上にはコンバースの限定色。

大喜びする石上。

死んだ目になる藤原書記。

かぐや様は石上にスーファミミニを贈る。

またまた大喜びの石上。

可愛い顔でそわそわする藤原書記。

藤原書記にはクルーズレストランの招待券。

一緒に行きませんか?とかぐや様。

涙を流して感激する藤原書記。


石上は藤原書記にボードゲーム?を贈る。

すっかり機嫌が直った藤原書記。

当の藤原書記の石上へのプレゼントはブタさんの貯金箱。

そのプレゼントで人の事散々言えたなと突っ込む白銀会長。


二人で帰る白銀会長と石上。

僕16歳になりましたと会長に言う石上。

石上は成長していると褒める会長。

石上、藤原書記の誕生日から一週間後の3月10日は2年生の卒業式。

石上がつばめ先輩から告白の返事を貰う日。

白銀会長も9月の生徒会解散と共に学園を去る。

後悔を残さず戦って来いと石上に言葉を贈る白銀会長。


つばめ先輩とビデオ通話をしているかぐや様。

つばめ先輩はまだ石上に誕生日プレゼントを渡していない。

石上にちょっと待ってって言ってあるらしい。

つばめ先輩:私にとって一番の贈り物はきっとこれだから

かぐや様:なるほどなぁ

つばめ先輩は3年生、柏木神達とzoom会議をしていた。

つばめ先輩:皆さん、一発やらかして卒業しましょう

煽り:裏では壮大な計画が…!?

かぐや様は告らせたい189話『かぐや様はきかせたい』のネタバレ・あらすじまとめ

かぐや様の美脚をマッサージ

石上はテストの順位が36位まで上昇。

つばめ先輩も石上の順位を確認する。

なぜ突然勉強を頑張ろうってなったの?と石上に聞く。

メス顔になるつばめ先輩。


マキちゃんと順位を確認するかぐや様。

二人は同率一位。

白銀会長は12位まで下落。

今回は試験対策を一切していなかった。

アメリカの大学に入学するため最近は語学の学習に力を入れている会長。

それと白銀会長が勉強を頑張っていたのはかぐや様と対等といるため。

今は交際関係にあるためそれがなくなった。


というかぐや様の回想。

それを柏木神に話しているかぐや様。

白銀会長の行動を聞いて激怒する柏木神。

男は女性と付き合うまでは必死に頑張るが、いざ交際がスタートすると努力をしなくなる現象。

柏木神の彼氏の翼くんも最近ラインの返信も遅く柏木神の我儘も面倒くさそうにしている。

それに大激怒している。

会長はそんな…と言うかぐや様だがかなり心配そう。

大事な話がありますと会長にライン。


かぐや様からのラインを見る白銀会長。

血の気が引いている会長。

順位が落ちたことでかぐや様の好感度が下がってしまったのではないかと心配する。

生徒会室にやって来るかぐや様。

かぐや様は柏木神の言った彼氏の怠慢を確認しようとする。


喉が渇いたから飲み物を買って来てと我儘を言ってみるかぐや様。

会長は自分の水筒を取り出す。

かぐや様は石上が試験休みで溜めた会計の仕事を電卓なしで手伝ってと言う。

電卓使って良くね!?とマジレス会長。

会長はかぐや様が順位が下がった俺に算数の練習をしろと言ってるのか?とアンジャッシュ。

かぐや様の要求を飲む会長。


しかし仕事だから受け入れたのだと懐疑心の強いかぐや様。

足のマッサージをしてと言い出すかぐや様。

会長は快くOKしかぐや様の足をマッサージする。

かぐや様は彼氏にも下着が見えないようしっかりガードしている。

会長は足を揉みながら俺の評価が彼氏から下僕まで落ちているとさらなる勘違いを。


かぐや様は柏木神と話したことを正直に話し謝る。

お詫びに会長の足をマッサージさせてくださいと申し出るかぐや様。

それをミコちゃんが目撃。

戦慄するミコちゃんだった。

かぐや様は告らせたい188話『燕の子安貝編⑥』のネタバレ・あらすじまとめ

石上優ついに覚醒!!!

学園で風に吹かれているつばめ先輩。

3年生は残り僅かとなった3学期は思い出作りのために自由登校。

在校生は学年末試験の真っ最中。


必死にテスト用紙に答案を書き込んでいる石上の姿。

『石上優にとってこの試験での結果は大きな意味を持つ』

つばめ先輩と並び立つ為、かぐや様との約束の為。

そんな大切な試験の前。

石上はネトゲをしていた。

自分の弱さに嫌気が差し生徒会で魂の抜けている石上。

そこへかぐや様がやってくる。

勉強のことを聞かれはぐらかす石上。

自分を責める石上。

人間一人一人の作りは生まれつき違う。

だから脳の仕組みにも差異が生じ勉強が苦手な脳の人もいるのは当然。

そんな人も別の事が得意ということはよくある。

かぐや様は自分の適性に合った戦い方をするだけよと電子式の錠を取り出す。

部屋に5時間開かない錠をかけ勉強に励む石上。

部屋には勉強道具しかなく錠をセットすれば通知がかぐや様のスマホにいく。

サボればかぐや様に即バレる仕組み。

自分の感情を信頼してはいけない、人の行動をコントロールするのは常に環境だという人生の教訓を諭すかぐや様。


ゲーム中毒を発症し震えながら生徒会室に入ってくる石上。

生徒会室の中だけはゲームを許すかぐや様。

ゲームをしている石上を発見し激怒するミコちゃん。

しかし石上がやっていたのは言語を英語に変更したRPGだった。

わなわなするミコちゃん。


白銀会長はパソコンで業務。

石上に仕事を回さないためにサポート。

ミコちゃんも石上に勉強を教える。

早坂はアップルウォッチだけ持つようにしたら?と提案。

キラキラしながらガジェットの話をする早坂。

藤原書記はチョコ飽きたからと言って石上にチョコを差し入れ。

サポートしているわけではない。


石上は錠の抜け道を知っているがそれには手を出さず勉強を頑張った。

その結果 順位が36位にまで上昇。

38位に小野寺。

掲示板の前でガッツポーズする石上。

そこへかぐや様。

私がついていたから当然ですと言う。

しかし本当は今回の結果は石上自身の努力の結果だと近くで見てきたかぐや様が一番理解していた。

涙を流して喜ぶかぐや様。

かぐや様は告らせたい187話のネタバレ・あらすじまとめ

煽り『いつもの白銀家にて…』

食卓を囲む白銀会長達。

子供に大事な話があると神妙な面持ちで話し始める白銀パパ。

またくだらない話だと話半分に聞く二人。


父の発言に衝撃を受ける二人。

YouTuberで稼いだのもあるが家の近くで視聴者の女に声をかけられてガクブルになっている白銀パパ。

その女は胸元露出高めの服で家まで着いて来ようとしたらしい。

圭ちゃんもいるためオートロック付きのマンションに引っ越したい白銀パパ。


物件選びを白銀会長に頼むパパ。

予算は20万前後、間取りは3Kから3LDK。

急な生活レベルの上昇で涙を流す圭ちゃん。

これで深夜に音出しても良くなる?と白銀会長。

白銀会長は生徒会室で早速物件探しを始める。

秀知院は港区三田駅周辺。

四宮の家は秀知院から徒歩で来れる位置。

色気を出す白銀会長。

幸運なことに20万オートロック付きの3DKが出ている。


かぐや様とご近所になり肉じゃがを持ってくるかぐや様のことを妄想する白銀会長。

下校デートも妄想。

そこへ藤原書記登場。

学校の近くで物件を探していることを知り贅沢すぎですと荒ぶる藤原書記。

やれやれ顔にガツガツくる藤原書記。


藤原書記のおすすめは両国。

住みやすい町で不便な点はコンビニで立ち読みしている力士が邪魔なところ「くらい。

両国ならオートロック付き3DKで13万の物件がある。

差額7万に揺れる白銀会長。

年間計算し白銀会長を揺さぶる藤原書記。


いつも間にか話を聞いていた石上がアドバイスしてくる。

通勤の往復1時間が削れるのはメリットがあると。

ぐぬぬな藤原書記。

藤原書記は白銀会長が港区に住むの嫌なだけだった。

都内カースト最上位は千代田区や港区。

藤原書記は渋谷区在住でカースト上位なためマウント争いに敏感だった。

ドン引きする白銀会長。

両国に向かって叫ぶ石上。


耳を塞いで登場するかぐや様。

白銀会長が引っ越すことを知り心配になるかぐや様。

画風する変わって嬉しそうな表情になるかぐや様。

引っ越す前に白銀会長の家にお邪魔しないと言うかぐや様。

白目をむく白銀会長。


白銀家。

白銀会長から港区にすることを聞いた白銀パパ。

かぐや様は告らせたい公式情報まとめ

かぐや様は告らせたい公式サイト

かぐや様は告らせたい公式Twitterアカウント