呪術廻戦 ネタバレ(感想) 真希が母親を殺した←これ

481:
母ちゃん自分で首切ったんじゃないの?
芥見下々 呪術廻戦 152話 真希母自殺
出典:集英社 芥見下々 呪術廻戦152話より
491:
>>481 その発想はなかった
でもそのほうがいいな
真相は分からんのだろうな
499:
>>481 行くなって言ったのが親心だったら多分切らなかったけど明らかに保身しか無かったから切られたんだと思うよ
505:
>>499 あれは母親に対する最後の確認だったな
少しは情が残ってたと思いたい
でもいやいやいや!ばかりだからだめだこりゃって感じで切った
484:
>>481 いっで血飛んでるしマイに斬られてるとしか思えんが
芥見下々 呪術廻戦 152話 真希 母殺し
出典:集英社 芥見下々 呪術廻戦152話より
496:
>>484 よく読んだらマキさんに斬られてるな
両親どっちも手にかけるて…
889:
母が自分で切ったとか言ってる人は読んでないのか?
マキに詰め寄られてイヤイヤ悲鳴をあげてるとこで血しぶきあがってるのに
何で自分で斬ったように見えるんだよ
897:
>>889 そのあと普通に歩いて直哉の所まで行ってるのがな
真希がやったとしたら半端すぎる
母親も産んで良かったとか言い出すし
895:
>>889 直哉の背後に現れた時の包丁の持ち方とかで
母が自分で首切ったと思いこんでんじゃないかな
血がついてないとかそんな持ち方じゃ切れないとか
よく考えたら分かるんだが思い込みってそんなもんよ
564:
これって他の女子供も殺してるのかな?それもハッキリと描いてほしかった
572:
>>564 まったく無関係の母親まで殺してんだから
576:
>>564 わからんけどガチの子供とかがいたらそっちは殺してないかもな
伏黒しか生き残りいなくて伏黒自体当主に興味ないのに禅院家の消滅を保留にする理由ないし
610:
すまん、ヘイとククル隊の殺害は最後にアナウンスされてたけど
女子供皆殺しってどこの描写のこと言ってるの
625:
>>621 台所血塗れだし少なくとも女は殺してるでしょ
芥見下々 呪術廻戦 152話 真希闇堕ち
出典:集英社 芥見下々 呪術廻戦152話より
650:
>>621 子供は知らんけど台所が血塗れなのは他の女中殺したからと思う
646:
>>610 冒頭の台所が飛び散った血で汚れてる。醤油とかの可能性もあるけど、母親があれほど取り乱してるのはいっしょに家事やってた人たちが殺されたからと思われる。
皆殺しかどうかはわからんけど。
831:
台所に血痕ついてて母親は取り乱してるけど血は流してないって事考えるとそういう事なんだろう
514:
お母さんどういう心理状態なの?
芥見下々 呪術廻戦 152話 真希母 産んでよかった理由
出典:集英社 芥見下々 呪術廻戦152話より
528:
>>514 娘に致命傷を与えられたけど「今なら直哉刺せるぞ」と囁かれて、どうせならとばかりに本懐を遂げたとか?
522:
>>514 娘二人が無能と不能で周りから散々言われてきたけど最終的に娘が禪院一族皆殺しにしてスッキリしたって感じじゃね
523:
>>514 禪院家というか御三家の女として生きるのはある意味呪い以上だったんじゃないかな
真希はそこから解放してくれたので生んでよかったと
生死は問わないけどね
672:
禅院家に復讐したかったけど出来なかった
それが真希のおかげできたから生んで良かった
682:
今まで自分への不当な待遇からの解放とそれに対する恨みを晴らせたこと
まあこの母親も自分勝手な毒親だから
688:
本誌の11号の直哉と真希の母親のやりとり見るとよく分かるかも
直哉の男尊女卑全開の発言に対して明らかに不服そうにしている
しかも直哉自身が三歩後ろを歩かれへん女は背中を刺されて死ねばいいと言ってる
明らかにこの発言に対抗した殺し方だろう
716:
>>688 なるほどなー母親も禪院家が嫌だったのか
行ったら扇に殺されるの分かってたから忌庫に入る前に真希のこと止めたんやろか
723:
>>716 でもその時点で真依は扇に致命傷受けてたっていうクソっぷり
726:
>>716 殺されるの分かってて止めたんならまだ親の情があったからましだけど
真希が侵入したら後で自分が叱責されるから止めたとかそんなレベルな気がするわ
570:
最初は姉妹共々愛したたんだろうけど
周りから無能無能と迫害されて、立場も底辺に
心壊れてたんだろう
恨みはあったんだろう
647:
まあ自分の目の前でアラサーおっさんに高校生の娘の乳についてセクハラされるのが日常な家に鬱憤貯まってないわけないしな
526:
「何の話?」ってどういう事なんだろうな
しらばっくれるにしてももっと言い様あるだろうし雰囲気的に本気で言ってそうな感じだし
694:
>>526 個人的に思ってるのは
母は家のルールとして止めただけだったので、
当たり前な行為の理由を質問されて
「何の話(を始める気なの)?」
でもこの回答で母が扇から守ろうとした意図が無い事が分かっちゃったマキが手を掛けた(と思われる)。
母を殺したのは別人じゃないとすると母の気持ちの変化が良く分からない。
現状ありがちなのは
死にそうな母が、なぜマキがそんな質問したのかを考えて
マキの気持ちに気が付き
扇から守れなかった事を後悔する。
(待ち伏せを知ってないとダメだけど)
そこにマキへの復讐に燃えるNAOYAが現れたので
NAOYAを殺してマキを守ったという意識の中事切れる。
しかしマキにはそんな母の思いは届かず
またもすれ違い。
544:
真希ママも根底では加茂母と変わらんかったってことか
558:
直哉になんで止め刺してなかったん?他は念入りに殺してるのに
芥見下々 術廻戦 150話 甚一 爛太 死亡
出典:集英社 芥見下々 呪術廻戦150話より
571:
>>558 割と大雑把じゃね?母も生きてたしな
それに直哉もあのままほっときゃ死んでたっしょ
565:
>>558 たぶん母親に止めさしてあげようと、わざと見逃したんじゃねのw
651:
真希は詰めが甘いけど、屋敷の方に戻ってくる直哉も直哉だよなw
まあ、意識が混淆していたんだと思うけど
645:
母親は禪院で生まれ育ったわけじゃなくて
大人になってから嫁いできたわけだし、こんな家滅んでくれてせいせいしたんだろう
芥見下々 呪術廻戦138話 直哉死亡フラグ伏線
出典:集英社 芥見下々 呪術廻戦138話より

呪術廻戦についての関連記事

呪術廻戦公式サイト、ツイッターアカウント



ジャンプBOOKストア